Veeva CRM V28 の概要

Veeva CRM 28 では数多くの新しい機能が使用できるようになりました。本マニュアルでは、各新機能と既存機能の更新について説明します。

Veeva CRM 28 では、アプリケーション全体で大幅な改善を行い、ユーザエクスペリエンスと生産性をさらに高めました。

Veeva CRM 28 にて提供される新機能を利用するために必要となる各設定詳細は、本マニュアル内で後述します。

  • サミットでのアナウンス内容
  • Engage Meetings – 音声/動画やオフラインのデバイスで既に使用可能になっている承認済みコンテンツを使用して、Veeva CRM から直接リモート会議を予定・開始します
  • Veeva Now - iPhoneフィールドユーザが iPhone から関連性の高い Veeva CRM 情報にアクセスするための新しい個別のアプリです。初回バージョンでは、お客様はフィールドユーザに対してリアルタイムのアラートをプッシュすることができます。
  • Marketing Cloud インテグレーション – Veeva CRM と Salesforce Marketing Cloud を接続して、マーケティング活動をインポートするため、フィールドユーザはアカウントとのやり取りをすべて表示することができます。
  • テリトリーフィードバック – 未来のテリトリーアライメントに対して、現場のユーザが Veeva CRM から直接アライメント結果を確認しフィードバックできるようになりました。
  • コア CRM
  • コールドチェーンサンプリング – エンドツーエンドのサンプル管理で、要冷凍の手荷物のサンプルに対応します。その他、取得可能なタグアラート数およびステータスの制御が含まれます。
  • オフラインのフィルタリングおよびルックアップ – Salesforce ルックアップフィルタリング設定が iPad、Windows 8 および 10 でサポートされるようになりました。
  • コール署名のカスタムアカウントユーザが正しい HCP の署名を取得できるように、署名ページに各種属性を表示することが設定可能になりました。
  • 依存アサインタスク – キーアカウントマネージャにより管理のしやすさのため、アサインタスクを完了させる順序を定義できるようになりました。
  • アカウントパートナー別の注文配送分割 – 単一の注文を複数のアカウントパートナー配送先へ配送できるようサポートします。
  • 無料品割合の最低/最大サポート無料品割合のルールを使用する際に、範囲、数量キャップを調整したり、ユーザの上書き回数を制限したりすることができます。
  • Network からのオンデマンドライセンス更新 – OpenData から更新されたライセンスが使用できるかどうかを素早く確認したり、コールレポートから直接ライセンス情報を更新したりします。
  • マルチチャネル
  • 同意書取得のコンテンツタイプ – 製品やチャネル属性を使用するのではなく、幅広いトピックに基づいて同意書を取得します。
  • 件名のパーソナライゼーション – Veeva CRM の属性を使用して Approve Email の件名をカスタマイズできます。
  • Approved Email メールアドレスを開く – ユーザがメールアドレスを選択する際に、デフォルトのメールクライアントではなく、Approved Email ウィザードが開くようになります。
  • CLM のネイティブナビゲーションの無効化 (オプション) – 作り込まれたコンテンツや組み込みナビゲーション付きのコンテンツを使用する際に、サムネイルのナビゲーションドロワーコントロールを非表示にします。
  • Windows
  • シングルサインオンのサポート – ユーザの所属会社のシングルサインオンプロバイダを使用して Veeva CRM にサインオンできる機能が、Windows 8 と 10 のプラットフォームで使用できるようになりました。
  • リストスケジューラ – ワンクリックスケジューリングが Windows 8 と 10 で使用できるようになりました。
  • サンプルオプトイン – HCP がオプトインして指定された期間サンプルを受け取れるサポートが、Windows 8 と 10 で使用できるようになりました。
  • 国および言語別の免責条項 – HCP の国および希望言語に基づいて同意書と免責条項を表示する機能が、Windows 8 と 10 で使用できるようになりました。
  • KOL プロファイルオンライン – ユーザインターフェースを自由に開発可能な KOL プロファイルを作成することが可能です。この KOL プロファイルが Veeva CRM オンラインから使用できるようになりました。
  • プレゼンテーションで PPT のリンクを保持する – PowerPoint コンテンツを CLM プレゼンテーションに変換する際に、1 つのスライドから別のスライドへのリンクのジャンプがサポートされるようになりました。

ユーザ表示および動作変更

多くの新機能はデフォルトでは無効化された状態で提供されますが、以下の機能については直ちに反映されます。

  • コールレポート
  • 最大 100 人の参加者をコールに追加することができるようになりました。
  • コールのスケジュール
  • コールは、作成者ではなくコールの所有者 ID に基づいて iPad マイスケジュールに表示されます。
  • Approved Email
  • 自社の製品 (製品カタログで自社製品のチェックボックスが選択されているもの) のみが同意書取得画面に表示されます。
  • Events Management
  • Events Management の設定コンソールに、Vault インテグレーションセクションが表示されなくなりました。
  • iPad と Windows のプラットフォームでは、ルックアップフィールドの選択内容はモーダルウィンドウとして表示されます。
  • Windows 8 と 10 では、ルックアップのモーダルウィンドウは高さが 100% となります。
  • 印刷案内状テンプレートにイベント講演者またはイベントセッションのトークンがある場合、あるいはサインインシートのテンプレートにイベント講演者および参加者のトークンがある場合で、それらのテーブルにデータがない場合には (例: テンプレートに参加者のリストは表示されるが、参加者がいない)、これまでは、システムはフォームの生成を許可され、出力にはトークン文字列が含まれてしまっていました。現在は、トークンが参照するオブジェクトにデータがない場合、ユーザには出力フォームではなくエラーが送信されます。
  • 参加者調整の完了時に、すべての参加者が調整済みの場合、未調整のすべての参加者が却下されることを示す警告メッセージは表示されなくなります。
  • Signature_Datetime_vod フィールドが参加者関連リストの列として設定されている場合には、署名を取得するためのサイン/クリアボタンが表示されます。
  • クローズドループマーケティング (CLM)
  • iPad ユーザが CLM のスライドソーターを開くと、現在のスライドの境界線がオレンジ色でハイライトされるため、ユーザは現在表示しているプレゼンテーションの位置を判別しやすくなります。
  • ネットワーク
  • ユーザが Network ID を使用せずに CRM オンラインのレコードを編集すると、データ変更申請はキャンセルされ、エラーメッセージが表示されます。
  • 未証明レコードのデータ変更申請は、Veeva Network によって却下することはなくなりました: データ管理者プロセス用に Network でキュー処理されます。
  • MCCP
  • iPad では、ターゲットおよび編集目標タブのフィルタウィンドウで、チャネルと製品の選択リストフィルタの値がアルファベット順に並び替えられます。

Veeva CRM 28 の新機能

以下の新機能は、製品へのライセンスを持つすべてのユーザが利用できます。これらのオプションを設定する手順は、各トピックと、Veeva CRM 製品 ドキュメントに記載されています。

コア CRM

スケジューリングおよびプランニング

Medical CRM

Events Management

マルチチャネル

Network インテグレーション

SAP Concur インテグレーション

Marketing Cloud インテグレーション

Windows 8 および 10 のパリティ

オンラインパリティ

治験および出版物の詳細

アカウントパートナー別の注文配送分割

新しいオブジェクト

以下は、Veeva CRM バージョン 28 で追加された新しいオブジェクトの全リストです。

オブジェクト

ラベル

マスターオブジェクト

説明

Content_Type_vod

コンテンツタイプ

 

コンテンツタイプはコンテンツタイプレコードを格納するコアオブジェクトです。

EM_Event_Team_Member_vod

イベントチームメンバー

 

Veeva Events Management のイベントのチームメンバー。チームメンバーには、イベントへの編集権限が自動的に付与されます。

Expense_Attribution_vod

経費分割

 

ユーザ、サービスプロバイダ、機関など、個別のエンティティに対する経費の属性を格納します。経費分割は、経費ヘッダーおよび経費ラインからのデータに基づいて背景で自動作成されます。

Expense_Day_vod

経費日

 

経費関連活動フィールドの最も詳細な概要。

Expense_Report_vod

経費レポート

償還またはレポートの目的で経費をグループ化したもの。

Mobile_Device_vod

モバイルデバイス

 

ユーザに関連づけられたモバイルデバイス。

Remote_Meeting_vod

リモート会議

 

リモート会議のデータを維持します。

Sample_Lot_Item_vod サンプルロット品目   サンプルトランザクションとサンプルコールで選択できるユーザのサンプルロットに関する属性リストを含みます。

Territory_Settings_vod

テリトリー設定

 

テリトリー管理に関連する設定。

新しいフィールド

以下は、Veeva CRM バージョン 28 で追加されたフィールドの全リストです。フィールドはオブジェクトによって構成されます。デフォルトでは、すべてのフィールドが管理者以外のユーザに表示されません。Veeva オブジェクトの全リストは Veeva データモデル情報をご覧ください。

オブジェクト

フィールド名

フィールドラベル

説明

フィールドタイプ

アカウント

Signature_Page_Display_Name_vod

署名ページ表示名

コール署名ページのアカウントに正しくフォーマットされた表示名前を表示するために使用される数式フィールド (役職、姓、名、接尾辞、資格、専門)。

数式

Alert_Profile_vod

Last_Push_Notify_APNS_Datetime_vod

最後に APNS 通知した日時

スケジュール済みプッシュ通知ジョブがプロファイルの APNS にアラートを処理した日時のスタンプ

日時

Alert_User_Action_vod

Last_Push_Notify_APNS_Datetime_vod

最後に APNS 通知した日時

スケジュール済みプッシュ通知ジョブがユーザの APNS にアラートを処理した日時のスタンプ

日時

Alert_vod

Last_Push_Notify_APNS_Datetime_vod

最後に APNS 通知した日時

スケジュール済みプッシュ通知ジョブが APNS にアラートを処理した日時のスタンプ

日時

Alert_vod 

Push_Notify_APNS_Status_vod

APNS 通知ステータス

APNS に通知をプッシュするスケジュール済みプッシュ通知ジョブが使用するステータス

選択リスト

Approved_Document_vod

Content_Type_vod

コンテンツタイプ

Approved_Document_vod レコードに関連づけられた Content_Type_vod レコードのルックアップ

ルックアップ

Call2_Sample_vod

Cold_Chain_Status_vod

Cold_Chain_Status_vod

対応するサンプル明細品目のコールドチェーンステータス。製品カタログでコールドチェーン製品と指定されたサンプルにのみ関連します。

選択リスト

Call2_Sample_vod

Tag_Alert_Number_vod

タグアラート数

対応するサンプル明細品目のタグアラート数。製品カタログでコールドチェーン製品と指定されたサンプルにのみ関連します。

テキスト

Call2_Sample_vod

Custom_Text_vod

カスタムテキスト

対応する製品明細品目に取得されたカスタムテキスト。製品カタログでカスタムテキストを取得できるとフラグ付けされた製品のみ関連します。

テキスト

Call2_vod

Concur_Report_Name_vod

SAP Concur レポート名

 

テキスト

Call2_vod

Remote_Meeting_vod

リモート会議

入力されると、コールをリモート会議と指定します。

ルックアップ

Call2_vod

Veeva_Remote_Meeting_Id_vod

Veeva リモート会議 ID

リモート会議の参加者に対する固有の会議識別子

テキスト

Call2_vod

zvod_Address_Sample_Send_Status_vod

zvod_Address.Sample_Send_Status_vod

レイアウトにサンプル送信ステータスの有効な住所インジケータを配置するために使用されるマーカーフィールド

チェックボックス

Call_Objective_vod

Non_Executable_vod

実行可能ではない

このフィールドには、アサインタスクを実行してよいかどうか (必要条件の実行に基づいて)、必要条件フィールドと合わせて動作するかどうか、負のロジックを使用するかどうかを示します。

チェックボックス

Call_Objective_vod

Prerequisite_vod

前提条件

必要条件は、現在のアサインタスクを実行する前に実行する必要がある別のアサインタスクがあることを示します。実行可能なフィールドと合わせて動作します。

ルックアップ

Child_Account_vod

zvod_Child_Account_Ratings_vod

子アカウント評価

子アカウント製品指標のコンポーネントを表示するマーカーフィールド

チェックボックス

Child_Account_vod

Best_Times_vod

ベストタイム

このアカウントを訪問するベストタイムを保存します。オフィスベストタイムコントロールによって使用されます。

ロングテキスト領域

Child_Account_vod

zvod_Best_Time_Page_vod

zvod_Best_Time_Page_vod

子アカウントベストタイムのコンポーネントを表示するマーカーフィールド

チェックボックス

Clm_Presentation_vod

Event_Content_vod

イベントコンテンツ

コンテンツタイプを保存するために使用します

選択リスト

Consent_Header_vod

Approved_Email_Consent_Level_vod

Approved Email 同意レベル

同意書の取得および決定時に Approved Email の同意書レベルを定義する選択リスト値

選択リスト

Consent_Line_vod

Content_Type_Display_Name_vod

コンテンツタイプ表示名

同意書取得ページのコンテンツタイプにテキストを表示します。NULL の場合 Content_Type_vod.Name が表示されます。

テキスト

Consent_Line_vod

Content_Type_vod

コンテンツタイプ

Approved_Document_vod レコードに関連づけられた Content_Type_vod レコードのルックアップ

ルックアップ

EM_Event_History_vod

Approver_IDs_vod

承認者ID

Salesforce 承認フローが返したすべての承認者の ID を格納します。

ロングテキスト領域

EM_Event_Layout_vod

Event_Object_Name_vod

イベントオブジェクト名

ページレイアウトオーバーライドにオブジェクトを設定します。

選択リスト

EM_Event_Layout_vod

Page_Layout_vod

ページレイアウト

イベントを表示しているユーザのレコードタイプ、イベントステータス、ユーザプロファイル、イベントチームロールに基づいて、オブジェクトに使用されるページレイアウト。

テキスト

EM_Event_Layout_vod

Record_Type_vod

オブジェクトレコードタイプ

イベントページのレイアウト設定でカバーされるオブジェクトレコードタイプ。各オブジェクトの翻訳されていないレコードタイプ名の値を入力します (Object_Name_vod で選択)。

テキスト

EM_Event_Material_vod

Clm_Presentation_vod

CLM プレゼンテーション

イベント資料を CLM プレゼンテーションに関連付けるために使用されます

ルックアップ

EM_Event_Rule_vod

CLM_Presentation_vod

CLM プレゼンテーション

このイベント設定に関連付けられる CLM プレゼンテーションを参照します。このイベント設定を使用するイベントが作成されると、この CLM プレゼンテーションは、自動的にこのイベントで使用できるようになります。

ルックアップ

EM_Event_Session_vod

KOL_External_Id_vod

KOL 外部 ID

KOL データロードのみに使用される外部 ID

テキスト

EM_Event_Session_vod

Session_Title_vod

セッションタイトル

イベントセッションのタイトル

テキスト

EM_Event_Session_vod

Session_Type_vod

セッションタイプ

イベントセッションのタイプ

選択リスト

EM_Event_Session_vod

Sponsor_vod

スポンサー

イベントセッションのスポンサー

テキスト

EM_Event_Speaker_vod

Nickname_vod

ニックネーム

イベント講演者のニックネーム。この値は講演者レコードの Nickname_vod フィールドから引き込まれます

数式

EM_Event_Speaker_vod

Position_vod

役職

イベント講演者の肩書

テキスト

EM_Event_Speaker_vod

Suffix_vod

接尾辞

イベント講演者の接尾辞。この値は講演者レコードの Suffix_vod フィールドから引き込まれます

数式

EM_Event_Speaker_vod

Middle_Name_vod

ミドルネーム

イベント講演者のミドルネーム。この値は講演者レコードの Middle_Name_vod フィールドから引き込まれます

数式

EM_Event_Speaker_vod

Session_Title_vod

セッションタイトル

イベントセッションのタイトル

テキスト

EM_Event_Speaker_vod

Workplace_vod

職場

イベント講演者の職場

テキスト

EM_Event_vod

KOL_External_Id_vod

KOL 外部 ID

KOL データロードのみに使用される外部 ID

テキスト

EM_Event_vod

Sponsor_vod

スポンサー

Sponsor_vod

テキスト

EM_Event_vod

Web_Source_vod

ウェブソース

イベントのウェブソース

ロングテキスト領域

EM_Speaker_vod

Suffix_vod

接尾辞

イベント講演者の接尾辞。この値は講演者レコードの Suffix_vod フィールドから引き込まれます

数式

EM_Speaker_vod

Year_To_Date_Reset_Day_vod

年初来のリセット日

 

選択リスト

EM_Speaker_vod

Year_To_Date_Reset_Month_vod

年初来のリセット月

YTD cap のリセット月

選択リスト

EM_Speaker_vod

Middle_Name_vod

ミドルネーム

イベント講演者のミドルネーム。この値は講演者レコードの Middle_Name_vod フィールドから引き込まれます

数式

EM_Speaker_vod

Nickname_vod

ニックネーム

イベント講演者のニックネーム。この値は講演者レコードの Nickname_vod フィールドから引き込まれます

数式

EM_Topic_Material_vod

CLM_Presentation_vod

CLM プレゼンテーション

このイベントトピックに関連付けられる CLM プレゼンテーションを参照します。このイベントトピックを使用するイベントが作成されると、この CLM プレゼンテーションは、自動的にこのイベントで使用できるようになります。

ルックアップ

Expense_Header_vod

Split_Lines_vod

分割品目?

経費ヘッダーに分割経費ラインが含まれるかどうかを判断します。「はい」の場合、提供先当事者は、経費ヘッダーではなく経費ラインに設定されます。

選択リスト

Expense_Line_vod

Number_Of_People_vod

利用者人数

経費ラインが分割される人数を表示します。

ロールアップサマリー

Expense_Line_vod

Split_Amount_Per_Person_vod

分割数量個人

一人当たりの平均分割数量。経費ラインの実際の数量を分割された回数で割って算出されます。

数式

HTML_Report_vod

Published_Date_vod

発行日

すべてのレコードが Salesforce に書込まれてからジョブが終了した時間を示します。

日時

HTML_Report_vod

Failure_Msg_vod

ステータス詳細

Failure_Msg_vod は、ファイル発行が正常に終了しない場合のインスタンスの理由を取得します。HTML_Report_vod.Status_vod = Failed_vod の場合にのみ入力されます。

テキスト

HTML_Report_vod

Status_vod

ステータス

発行ジョブのステータス

選択リスト

Key_Message_vod

iOS_Viewer_vod

iOS ビューア

WKWebView を使用すると iOS 10 以降では、HTML CLM の表示が改善されます。HTML CLM の従来の表示を使用するには空白にします。

選択リスト

MC_Cycle_Plan_Target_vod

Child_Account_vod

子アカウント

目標がターゲットに設定されている関係

ルックアップ

MC_Cycle_Plan_Target_vod

Furigana_vod

フリガナ

日本のユーザ向けのフィールド。ターゲットのふりがな。

数式

MC_Cycle_Plan_Target_vod

Location_vod

ロケーション

目標がターゲットに設定されているロケーション

ルックアップ

MC_Cycle_Plan_Target_vod

Parent_Child_Name_vod

親子名

親子関係の表示名

数式

Medical_Event_vod

Concur_Report_Name_vod

SAP Concur レポート名

 

テキスト

Medical_Event_vod

Sponsor_vod

スポンサー

イベントのスポンサー

テキスト

Medical_Event_vod

Status_vod

ステータス

非接続モードで EM_Event_vod の Status_vod フィールドを参照します。

数式

Medical_Event_vod

Topic_vod

トピック

非接続モードで TopicWarning に表示される EM_Event_vod の Topic_vod フィールドを参照します。

数式

Medical_Event_vod

Web_Source_vod

ウェブソース

イベントのウェブソース

ロングテキスト領域

Medical_Inquiry_vod

Group_Count_vod

グループ数

グループ内の問合せ件数システムで使用します。

数字

Multichannel_Activity_Line_vod

Record_Type_Name_vod

レコードタイプ名

レコードのレコードタイプ DeveloperName。フィールドはトリガーで参照されます。

テキスト

Multichannel_Activity_vod

Color_vod

マルチチャネル活動の色

選択リスト

Multichannel_Activity_vod

Icon_vod

アイコン

マルチチャネル活動のアイコン

選択リスト

Multichannel_Activity_vod

Record_Type_Name_vod

レコードタイプ名

レコードのレコードタイプ DeveloperName。フィールドはトリガーで参照されます。

テキスト

Multichannel_Activity_vod

MCD_Primary_Key_vod

MCD プライマリキー

Marketing Cloud データ拡張レコードのプライマリキー

テキスト

Multichannel_Consent_vod

Content_Type_vod

コンテンツタイプ

同意書が取得される Content_Type_vod レコードのルックアップ

ルックアップ

Network_Mapping_vod

Validation_Notes_vod

検証メモ

検証ステータスが「無効」の場合の検証ステータス詳細

テキスト領域

Pricing_Rule_vod

Free_Goods_Percentage_Max_vod

無料品割合最大

これは、割合無料品ルールを使用する際に、担当者が自身の裁量で無料品を入力できる上限です。

割合 (%)

Product_Metrics_vod

Location_Child_vod

医師

子アカウントレコードの子アカウントでスタンプされるフィールド

ルックアップ

Product_Metrics_vod

Location_Parent_vod

施設

子アカウントレコードの親アカウントでスタンプされるフィールド

ルックアップ

Product_Metrics_vod

Location_vod

ロケーション

製品指標が設定されている関係

ルックアップ

Product_vod

Cold_Chain_vod

コールドチェーン

コールドチェーンサンプルとして製品を表します。製品タイプがサンプルと等しい製品にのみ適用されます。サンプルトランザクションとコールサンプルのサンプル明細品目に、タグアラートとステータスの関連付けを求めるために使用されます。

チェックボックス

Product_vod

zvod_Custom_Text_vod

カスタムテキスト

サンプルトランザクションとコールサンプルに指定された製品のカスタムテキストフィールドを表示するために使用されます。

チェックボックス

Question_Response_vod

Max_Score_vod

最高スコア

質問の最大可能スコア

数字

Rule_Object_Header_vod

Predicate_vod

述語

 

テキスト

Sample_Order_Transaction_Audit_vod

Custom_Text_vod

カスタムテキスト

対応する製品明細品目に取得されたカスタムテキスト。製品カタログでカスタムテキストを取得できるとフラグ付けされた製品のみ関連します。

テキスト

Sample_Order_Transaction_vod

Custom_Text_vod

カスタムテキスト

 

対応する製品明細品目に取得されたカスタムテキスト。製品カタログでカスタムテキストを取得できるとフラグ付けされた製品のみ関連します。

テキスト

Sample_Receipt_vod

Cold_Chain_Status_vod

コールドチェーンのステータス

Cold_Chain_Status_vod

選択リスト

Sample_Receipt_vod

Tag_Alert_Number_vod

タグアラート数

対応するサンプル明細品目のタグアラート数。製品カタログでコールドチェーン製品と指定されたサンプルにのみ関連します。

テキスト

Sample_Receipt_vod

Custom_Text_vod

カスタムテキスト

対応する製品明細品目に取得されたカスタムテキスト。製品カタログでカスタムテキストを取得できるとフラグ付けされた製品のみ関連します。

テキスト

Sample_Transaction_Audit_vod

Cold_Chain_Status_vod

コールドチェーンのステータス

対応するサンプル明細品目のコールドチェーンステータス。製品カタログでコールドチェーン製品と指定されたサンプルにのみ関連します。

選択リスト

Sample_Transaction_Audit_vod

Custom_Text_vod

カスタムテキスト

対応する製品明細品目に取得されたカスタムテキスト。製品カタログでカスタムテキストを取得できるとフラグ付けされた製品のみ関連します。

テキスト

Sample_Transaction_Audit_vod

Tag_Alert_Number_vod

タグアラート数

対応するサンプル明細品目のタグアラート数。製品カタログでコールドチェーン製品と指定されたサンプルにのみ関連します。

テキスト

Sample_Transaction_vod

Cold_Chain_Status_vod

コールドチェーンのステータス

対応するサンプル明細品目のコールドチェーンステータス。製品カタログでコールドチェーン製品と指定されたサンプルにのみ関連します。

選択リスト

Sample_Transaction_vod

Tag_Alert_Number_vod

タグアラート数

対応するサンプル明細品目のタグアラート数。製品カタログでコールドチェーン製品と指定されたサンプルにのみ関連します。

テキスト

Sample_Transaction_vod

Custom_Text_vod

カスタムテキスト

対応する製品明細品目に取得されたカスタムテキスト。製品カタログでカスタムテキストを取得できるとフラグ付けされた製品のみ関連します。

テキスト

Sent_Email_vod

Content_Type_vod

コンテンツタイプ

Approved_Document_vod レコードまたはメールテンプレートに関連づけられた Content_Type_vod レコードのルックアップ。

ルックアップ

Survey_vod

Score_Display_vod

スコア表示

スコア表示を示す設定

選択リスト

Unsubscribe_Product_vod

Content_Type_Display_Name_vod

コンテンツタイプ表示名

Content_Type_Display_Name_vod は、関連付けられている製品のデフォルトの Content_Type_vod.Name フィールドの代わりに、代替名を表示するために使用されるテキスト。

テキスト

Unsubscribe_Product_vod

Content_Type_vod

コンテンツタイプ

同意書が取得される Content_Type_vod レコードのルックアップ

ルックアップ

Unsubscribe_vod

Consent_Level_vod

同意レベル

配信停止ページの同意レベルを決定する選択リスト

選択リスト

ユーザ

Mobile_CRM_App_Access_Disabled_vod

モバイル CRM アプリへのアクセス無効化済み

ユーザがモバイル CRM アプリにログインできないことを示します

チェックボックス

ユーザ

Remote_Meeting_Host_Id_vod

リモート会議ホスト ID

リモート会議のホスト ID は、会議ホストの Zoom により割り当てられるユーザ ID です。

テキスト

ユーザ

Remote_Meeting_Host_Token_vod

リモート会議ホストトークン

会議のホストであるユーザ用の Zoom ユーザトークン。ホストは、リモート会議を開始できる Zoom ユーザです。

テキスト

User_Detail_vod

Remote_Meeting_Name_vod

リモート会議表示名

リモート会議のデフォルトの会議トピックテキストとして使用されます

ロングテキスト領域

Veeva_Common_vod

Tag_Alert_Reg_Express_vod

タグアラートレギュレーション表示

サンプル受領書の確認時にタグアラート数の値を検証するために使用される正規表現。値が空白のままになっている場合、バリデーションは行われません。

 

サンプルカードがちょうど 10 個の数字であることをバリデーションする正規表現の例は次のようになります: ^[0-9]{10}$

テキスト

Veeva_Settings_vod

TIMELINE_FILTER_vod

タイムラインフィルタ

タイムライン製品とユーザフィルタを有効化する設定

• チェックを入れるとフィルタリング機能が有効化されます

• チェックを解除するとフィルタリング機能が無効化されます

チェックボックス

Veeva_Settings_vod

ENHANCED_LOOKUPS_vod

拡張ルックアップの有効化

設定すると、拡張ルックアップダイアログとフィルタが有効化されます

数字

Veeva_Settings_vod

Enable_SSO_vod

SSO の有効化

SSO を有効化するかどうかを判断します。設定値は、現在のプロファイルの「IsSsoEnabled」値と同じである必要があります (プロファイルフィールド IsSsoEnabled の英語ラベルは「Is Single Sign On Enabled」です)

チェックボックス

Veeva_Settings_vod

PREVENT_TOT_OVERLAP_vod

TOT の重複を防ぐ

タイムオフレコードが重複する際に警告/エラーを有効化するための設定

数字

Veeva_Settings_vod

PREVENT_TOT_WEEKEND_vod

週末の TOT を防ぐ

タイムオフテリトリーが週末に記録される際に警告/エラーを有効化するための設定

数字

Veeva_Settings_vod

TSF_FIELDS_SCHEDULER_vod

スケジューラの TSF フィールド

週スケジューラのテリトリーフィールドの表示を有効化する設定。選択できる API フィールド名がセミコロンで区切られたリスト (終わりをセミコロンとする) を入力します。空白にすると、テリトリーフィールドオプションは週スケジューラで使用できません。値の例: ;LAST_ACTIVITY_DATE_VOD;FIRST_PICK;ROUTE_VOD;

テキスト

バリデーションに影響する不具合の修正

プラットフォーム

キー

概要

コンポーネント

オンライン CRM-93451 複数の同期エラーが修正されました。 同期
オンライン CRM - 94107 ユーザはコール日時の値に対する変更を保存することができませんでした。 インフラストラクチャ
Windows 8 および 10 CRM-95381 現在の日付は、CDS_Expiration_Date_vod フィールドでは無効な値であると誤って判断されていました。 コールサンプリング
オンライン CRM-95933 Call_Date_vod フィールド値が、保存時に現在の日付に初期化されました。 コールレポート
オンライン CRM-96293 コール日時フィールドに関する複数のエラーが対処されました。 コールレポート
オンライン CRM-96507 コールのサンプル情報が保存されませんでした。 コールサンプリング
オンライン、iPad、Windows 8 および 10 CRM-96600 ユーザは、常にコールの施設にサンプルを追加できませんでした。 コールサンプリング
オンライン CRM-97249 コール日時フィールドは選択リストのように拡張しませんでした。 コールレポート
オンライン CRM-97250 ユーザがコール日時フィールドに関連づけられたリンクを選択すると、日付は入力されるものの、時間は空白のままでした。 コールレポート
オンライン CRM-97503 ユーザがコールを選択したらエラーが発生しました。 コールレポート

オンライン

CRM-97508

ユーザは、コールにサンプル制限を生成したり、コールをロック解除したり、サンプルに変更を行ったりすることができました。

コールサンプリング

オンライン CRM-97615 Enable_Samples_On_Save_vod Veeva 設定が有効化されている場合、ユーザがコールを保存するとエラーが発生しました。 コールレポート

オンライン

CRM-97653

User_Aligned_vod フィールドが有効化されていると、製品が表示されませんでした。

コールサンプリング

オンライン CRM-97785 ユーザがコールをひらくと、エラーが発生しました。 コールレポート

オンライン

CRM-97865

ビジネスリプライカードが保存されたり送信されたりしたコールで License_vod フィールドが入力されませんでした。

コールサンプリング

オンライン CRM-97962 ユーザがコールを保存または送信したらエラーが発生しました。 コールレポート

オンライン

CRM-97976

ユーザがアカウントにサンプルを追加することができませんでした。

コールレポート

オンライン CRM-99202 Call_Backdate_Limit_vod フィールドがゼロに設定されていても、ユーザは過去の日付でコールを作成したり送信したりすることができました。 コールレポート

オンライン

CRM-100342

Call_Backdate_Limit_vod フィールドが設定されていても、ユーザは過去の日付でコールを送信できませんでした。

コールレポート

iPad CRM-103557 製品値フィールドの値が、コールサンプルレコードにコピーされませんでした。 コールサンプリング

オンライン

CRM-105330

License_Valid_To_Sample_vod フィールドが、ライセンスが無効であると判断した場合であっても、「--nsl」セクションシグナルがページレイアウトにある場合、ユーザはサンプルを追加することができました。

サンプル管理