21R2.1 リリース

重要な日付

  • 2021 年 8 月 19 日 – リリースノート利用可能
  • 2021 年 8 月 26 日 – Sandbox リリース
  • 2021 年 9 月 2 日 – 本番環境リリース

Webinar

米国 Webinar は 2021 年 8 月 26 日午前 11 時 (太平洋時間) に開催されました。こちらで登録してください。

リリースノート

以下の項目が現在公開されています: 

アナウンスメント

Salesforce マイドメインが必須となりました

Salesforce は、Winter'22 のリリースの一環として、すべての Salesforce 組織でマイドメインが必須化されることを発表しました。Salesforce の Winter'22 は、2021 年 8 月より Sandbox 向け、2021 年 10 月よりプロダクション組織向けにリリースされます。ディテールはこちらの Trust 投稿を参照してください。

Lightning Ready

21R3 で、すべての Veeva のお客様の組織はデフォルトで Lightning 対応となります。Lightning 対応であることで、ユーザに対して Lightning が自動的に有効となるわけではありませんが、Veeva 機能を Lightning 対応に変換します。詳細は Lightning を始めるを参照してください。

2022 年 2 月からの Salesforce の多要素認証要件

Salesforce は 2022 年 2 月 1 日より、Salesforce 製品へのアクセスには多要素認証 (MFA) の使用を必須条件とすることを発表しました。MFA を使用するために追加の費用は不要で、これからも最高水準のセキュリティを提供していきます。通知の全文はこちらをご覧ください。

Veeva CRM は、Salesforce MFA を有効化してレビューおよびテストを実施しました。オンライン、iOS、Windows、および WeChat プラットフォームの Veeva CRM は設定変更の必要はなく、MFA に対応しています。

Ping Identity を使って委任認証でログインするユーザは、Salesforce Authenticator を使用する必要があります。Veeva は、第三者の認証システムアプリ (Google Authenticator など) が MFA で使用可能かどうか引き続き調査を行っています。

MFA を設定する際には、API ログインの多要素認証チェックボックスは選択しないでください。このチェックボックスを選択すると Veeva CRM を使用できなくなり、Salesforce とのカスタム統合に潜在的な影響を与えます。

プラットフォームサポートの廃止

以下のプラットフォームは、23R3 リリース以降はサポートされなくなります。

  • Classic オンライン – すべての組織はサポート終了までに Lightning へ移行する必要があります。
  • CRM for iPhone
  • CRM for Windows

2021 年リリース日

2021 年リリース日は、CRM リリースについてページをご確認ください。

サポートの終了

サポートが終了する機能、デバイス、OS バージョンについては、サポートの終了をご覧ください。