CRM リリースについて

Veeva CRM は、毎年 Validation 済みのメジャーリリースを 3 回、不具合の修正と重要な新機能に関するマイナーリリースを 9 回リリースします。

1 年間に 3 回のメジャーリリース:

  • 安定リリース
  • 4 カ月に 1 回のリリース
  • 新機能とすべての不具合の修正を含めることができる
  • 検証済み、マイナーリリースの新機能もターゲット

1 年間に 9 回のマイナーリリース:

  • メジャーリリース 1 回当たり 3 回のマイナーリリース
  • 1 カ月に 1 回のリリース
  • 重要な新機能とすべての不具合の修正を含めることができる
  • 新機能の検証なし

メンテナンスリリース:

  • 木曜日に必要に応じてリリース
  • 不具合の修正のみが含まれている

ホットフィックス:

  • 必要に応じてリリース
  • 重要な不具合の修正のみが含まれている

2022 年リリーススケジュール

以下の日付は変更される可能性があります:

リリース

アップグレード通知

完全 Sandbox

本番環境アップグレード

22R2.0 メジャーリリース

07/21/202207/28/202208/11/2022

22R2.1 マイナーリリース

08/18/202208/25/202209/01/2022

22R2.2 マイナーリリース

09/22/202209/29/202210/06/2022

22R2.3 マイナーリリース

22R2.3 ではリリース無し

22R3.0 メジャーリリース

2022年11月10日11/17/20222022年12月8日

22R3.1 マイナーリリース (機能更新の予定は現在ありません)

2022 年 12 月 22 日2023 年 1 月 5 日2023 年 1 月 12 日

22R3.2 マイナーリリース

2023 年 1 月 19 日2023 年 1 月 26 日2023 年 2 月 2 日

22R3.3 マイナーリリース

2023 年 2 月 16 日2023 年 2 月 23 日2023 年 3 月 2 日

23R1.0 メジャーリリース

2023 年 3 月 23 日2023 年 3 月 30 日2023 年 4 月 13 日

リリースノートは、Sandbox アップグレードの 1 週間前にご覧いただけるようになります。

各リリースは以下のように定義されます:

  • メジャーリリース – メジャーリリースには、新機能、製品エンハンスメント、既存の機能に対する修正に加えて、マイナーリリースでリリースされた新機能の検証が含まれます。メジャーリリースは、本番環境のリリース 2 週間前に お客様の Sandbox に対してリリースされます。
  • マイナーリリース – このリリースには、重要な新機能、製品エンハンスメント、既存の機能に対する修正が含まれます。マイナーリリースで導入される新機能は、次のメジャーリリースで Validation が行われます。マイナーリリースは、本番環境のリリース 1 週間前に お客様の Sandbox に対してリリースされます。
  • メンテナンスリリース – お客様に影響を及ぼす不具合の修正または問題のみが含まれている予定リリースです。メンテナンスリリースに関して、Sandbox 組織とプロダクション組織両方が同時に更新されます。
  • ホットフィックス – お客様に影響を及ぼすごく少数の修正または問題を含む予定外のリリースです。ホットフィックスに関して、Sandbox 組織とプロダクション組織両方が同時に更新されます。
  • システムメンテナンス – これは、サーバの再起動など、システムインフラの変更にスケジュールされたダウンタイムです。Veeva CRM には定期的なシステムメンテナンスはありませんが、サービス停止が発生しなければ前もってダウンタイムについてお知らせします。

リリースディテール

 

頻度

コミュニケーション

コミュニケーション受領者

ドキュメントバリデーション済み

メジャーリリース

4 カ月に 1 回、木曜日

本番環境アップグレードの 3 週間前Trust サイトでオプトインしたすべてのお客様メジャーリリースノートはい

メジャー Sandbox リリース

メジャーリリースの 2 週間前

Sandbox リリースの 1 週間前

Trust サイトでオプトインしたすべてのお客様

メジャーリリースノート

いいえ

マイナーリリース

1 ヶ月に 1 回、第 2 木曜日本番環境アップグレードの 2 週間前Trust サイトでオプトインしたすべてのお客様マイナーリリースノート現在の機能は検証済み。マイナーリリースで追加される新機能は、メジャーリリースで Validation が行われます。

マイナー Sandbox リリース

マイナーリリースの 1 週間前

Sandbox リリースの 1 週間前

Trust サイトでオプトインしたすべてのお客様

マイナーリリースノート

いいえ

メンテナンスリリース

木曜日に必要に応じて

2 日前

Trust サイトでオプトインしたすべてのお客様

メンテナンスノート

はい

ホットフィックス

スケジュールされていない

24 時間前

Trust サイトでオプトインしたすべてのお客様

メンテナンスノート

はい

システムメンテナンス

スケジュールされていない

最大 1 週間前

Trust サイトでオプトインした、影響を受ける POD にいるすべてのお客様

いいえ

はい

頻度または日付は、休日の場合は変更されます。

緊急または重要なリリースの場合、24 時間未満の通知でリリースする場合があります。

リリースのナンバリング

ドキュメント

メジャーリリースノートは、メジャーリリースに関連する本番環境アップグレードの 21 日前に提供されます。リリースノートには、すべてのユーザが確認できる変更、新機能に関する情報、プラットフォームの可用性に関する情報が含まれます。すべての新しいオブジェクトおよびフィールドも文書化されます。

マイナーリリースノートは、マイナーリリースに関連する本番環境アップグレードの 14 日前に提供されます。リリースノートには、すべてのユーザが確認できる変更、新機能に関する情報、プラットフォームの可用性に関する情報が含まれます。すべての新しいオブジェクトおよびフィールドも文書化されます。

リリースコミュニケーション

リリースコミュニケーションは Veeva Trust サイトから送信されます。

Veeva Trust 経由でリリースコミュニケーションにサインアップするには:

  1. trust.veeva.com に進みます。
  2. Veeva Trust サイトに登録するタブを選択します。

Trust ページは、リリースが終了するタイミングを示すために更新されます。

POD (Point of Delivery)

POD は、お使いの CRM アプリケーションがホストされているサーバです。POD は、ドイツ、日本、および米国の東海岸と西海岸のデータセンターにあります。 

管理者ユーザは、Veeva 組織の共通設定タブに進むことで POD の所在を確認することができます。

Veeva CRM POD

Veeva CRM POD には Veeva のコアソリューションが含まれ、CLM、Engage for Portals、CoBrowse、Approved Email を除くすべての標準機能が含まれます。

Veeva CRM POD

ロケーション

サーバアドレス

CRM-04

米国 - オレゴン州

https://crm-04-app-us.veevacrm.com/

CRM-05

米国 - オハイオ州

https://crm-05-app-us.veevacrm.com/

CRM-06

米国 - オハイオ州

https://crm-06-app-us.veevacrm.com/

CRM-08

米国 - オハイオ州

https://crm-08-app-us.veevacrm.com/

CRM-10米国 - オハイオ州https://crm-10-app-us.veevacrm.com/

CRM-20

欧州 - フランクフルト

https://crm-20-app-eu.veevacrm.com/

CRM-30アジア太平洋 - 東京https://crm-30-app-ap.veevacrm.com/

ブラウザ (Classic) プラットフォームにアップグレードを受信するには、POD サーバが許可リストに掲載されている必要があります。

Veeva MC POD

Veeva MC POD は、Veeva のマルチチャネルソリューションと次の 4 つの個別のチャネルを含みます: CLM、Engage for Portals、CoBrowse、Approved Email。

Veeva MC POD

ロケーション

MC-01

米国 - オハイオ州

MC-20

欧州 - フランクフルト

MC-30

アジア太平洋 - 東京

POD のロケーション

Veeva CRM は、AWS 上で実行している Veeva が管理するサーバと、独自のデータセンターで実行している Salesforce が管理するサーバの組み合わせに基づいてホストされています。AWS および Salesforce のサーバのロケーションに関するディテールを確認するには、以下のリンクを選択してください:

管理者ユーザは以下から CRM POD 情報にアクセスできます: 管理者 > 設定 > 開発 > 共通設定。Veeva Common の [管理] を選択し、[メイン] を選択して Veeva サーバとマルチチャネルサーバに関する情報を表示します。

アップグレードについて

オンラインユーザは、アップグレード中に参照専用 として組織を表示することができます。オフラインの CRM ユーザは、アップグレード中には影響を受けませんが、アップグレードの進行中は同期することができません。オフラインユーザは、同期セッションの終了時にアップグレードするよう求められます。ユーザがインストールプロセスのスキップを選択した場合、[今すぐ更新] ボタンが表示されます。