設定可能なルックアップフィルタとレイアウト

  • iPad
  • オンライン
  • Windows

エンドユーザの生産性を改善し、データ品質を強化するため、Veeva Lookup ダイアログでは、ネイティブの Salesforce ルックアップフィルタと検索レイアウトを使用できます。管理者は、ルックアップフィルタを定義して、ユーザのデータ可用性を制限し、さらに検索レイアウトを設定してユーザに表示されるデータ列を追加することができます。

検索フィールドを使用すると、表示可能なすべてのテキストフィールドを検索します。これには以下のフィールドタイプが含まれます: 

  • テキスト (レコードタイプなど、テキストとして表示されるフィールドを含む)
  • テキスト領域 (ロング)
  • URL
  • メール
  • 選択リスト
  • ルックアップ (参照されたレコードの名前フィールドのマッチを含む)

例えば、Sarah Jones は講演者プログラムイベントの会場を選択する必要があります。会社のリストには 50,000 以上の会場が登録されています。Sarah は、例えば、自分が担当しているテリトリーにある会場、自分が居住している州にある会場など、会社の管理者が決定する条件に基づいて、そのリストの一部のみを表示したいと考えています。

Salesforce 組織に、これまで Veeva CRM アプリケーションで無視されるように設定されている既存のルックアップフィルタと検索レイアウトがある可能性があります。この機能を有効化すると、エンドユーザに予期しない動作が起こる場合があります。既存のルックアップフィルタと検索レイアウトの設定を慎重に確認し、この機能を有効化する前にサンドボックス環境でテストを実行してください。

Meta キャッシュマネージャの管理者ページで、既存のルックアップ設定に関する詳細が確認できます。この機能を有効化する前に、Veeva CRM 管理者は、既存の設定を確認し、ビジネス要件を満たすようにルックアップフィルタを変更または削除する必要があります。

前提条件

Veeva では、この機能を有効化する前に同期 (または強制同期) を必須とすることが推奨されます。この機能を有効化すると、有効化したフィルタ条件がオフラインデバイスにローカルに存在する非同期データと矛盾した場合に、同期エラーが起こる場合があります。非同期データ

ルックアップフィルタとレイアウトの設定

設定可能なルックアップダイアログを有効化するには:

  1. 管理者に以下の権限を付与します:

    オブジェクト OLS レコードタイプ フィールド FLS
    Metadata_Definition_vod CRED Lookup_Search_Layout_vod すべてのフィールド 編集
    Rule_Definition_vod CRED SFDC_Lookup_Filter_Line_vod すべてのフィールド 編集
    Rule_Object_Header_vod CRED SFDC_Lookup_Filter_Header_vod すべてのフィールド 編集
  2. 管理者にMetadata キャッシュマネージャ Visualforce ページに対するアクセス権限を付与します。
  3. システム管理者プロファイルに対して Metadata キャッシュマネージャータブを有効化します
  4. エンドユーザに以下の権限を付与します:

    オブジェクト OLS レコードタイプ フィールド FLS
    Metadata_Definition_vod R すべてのフィールド 参照

    Metadata_Translation_vod

    R

    すべてのフィールド 参照
    Rule_Definition_vod R すべてのフィールド 参照
    Rule_Object_Header_vod R すべてのフィールド 参照
  5. 拡張ルックアップの有効化 Veeva 設定に値「1」を入力して有効化します。
  6. オフラインデバイスのユーザに対して以下の VMOC レコードを有効化します:

    • Metadata_Definition_vod
    • Rule_Object_Header_vod
    • Rule_Definition_vod
  7. Metadata キャッシュマネージャで Metadata のリフレッシュを選択します。これにより、Veeva が制御するシステムオブジェクトへの SFDC Metadata の同期が開始されます。この処理が完了するまで数分かかる場合があります。
  8. Veeva CRM for iPad または Windows にルックアップフィルタと検索レイアウトの Metadata を同期します。

これまでの手順が完了したら、サポートされるルックアップ設定が読み込まれ、ユーザのデバイスで使用できるようになります。

この機能は組織レベルで有効化される必要があります。プロファイルの設定を使用してこの機能を有効化すると、エンドユーザは、フィルタ条件を満たさないルックアップ値の選択と保存ができなくなります。

表の列に対する FLS 権限がないと、列がユーザに表示されません。例えば、ユーザが Approval_Status_vod フィールドに対する FLS アクセス権限を持たない場合、その情報は表に表示されません。

Salesforce のルックアップフィルタと検索レイアウトに対する以降の設定変更には、Metadata キャッシュマネージャのリフレッシュとユーザデバイスの同期が必要になります。

検索レイアウトのサポート

このセクションの情報は、Veeva CRM の検索レイアウトに対するサポートについて詳しく説明するものです。

  • 検索レイアウトは、一部を除いて、Veeva オブジェクトと iPad および Windows のカスタムオブジェクトでサポートされています。
  • 検索レイアウトは、標準 Salesforce ページまたは以下のカスタム Veeva ページからアクセスされるすべてのオブジェクトでサポートされています: 

  • Advanced_Coaching_Reports_vod
  • Contract_Edit_vod
  • EM_Event_Edit_vod
  • EM_Event_Material_Edit_vod
  • EM_Event_Session_Attendee_Edit_vod
  • EM_Event_Session_Edit_vod
  • EM_Event_Team_Member_Edit_vod
  • EM_Expense_Estimate_Edit_vod
  • Event_Team_Member_Edit_vod
  • Expense_Header_Edit_vod
  • Expense_Line_Edit_vod
  • Medical_Event_Edit_vod
  • Plan_Tactic_Edit_vod

検索レイアウトの例外

検索レイアウトは、プラットフォームにかかわらず以下ではサポートされていません:

    コールレポート

    新規アカウントウィザード

    新規住所ウィザード

    親アカウントウィザード

以下のフィールドは、プラットフォームにかかわらずサポートされていません:

オブジェクト フィールド
EM_Attendee_vod
  • Account_vod
  • Contact_vod
  • Event_vod
  • User_vod
EM_Event_vod
  • NextApprover
  • キュー

EM_Event_Material_vod

Email_Template_vod
EM_Event_Rule_vod Country_Override_vod

EM_Event_Speaker_vod

Speaker_vod
EM_Event_Team_Member_vod Group_Name_voc

EM_Expense_Estimate_vod

  • Event_Budget_vod
  • Expense_Type_vod

Expense_Header_vod

  • Incurred_Expense_Account_vod
  • Incurred_Expense_Attendee_vod
  • Incurred_Expense_Speaker_vod
  • Incurred_Expense_Team_Member_vod
  • Incurred_Expense_Vendor_vod
  • Incurred_Expense_Venue_vod
  • Payee_Account_vod
  • Payee_Attendee_vod
  • Payee_Speaker_vod
  • Payee_Team_Member_vod
  • Payee_Vendor_vod
  • Payee_Venue_vod

Expense_Line_vod

  • Event_Budget_vod
  • Expense_Estimate_vod
  • Expense_Type_vod
Expense_Type_vod
  • Country_vod
  • Parent_Expense_Type_vod

検索レイアウトに対応するフィールド

設定可能なルックアップは、検索レイアウト設定の一部としてカスタムフィールドをサポートします。名前フィールドを除き、Salesforce の他のすべての標準フィールドはサポートされていません。

Veeva 定義フィールド

ルックアップでユーザに関連する情報が表示されるように、特定のフィールド (名前、住所など) は、検索レイアウトの一部として自動的に含まれます。これらの Veeva 定義フィールドは、削除したり変更したりできません。

ルックアップフィルタのサポート

設定可能なルックアップフィルタは、一部の Veeva CRM のオブジェクトとフィールドでサポートされています。特定の Veeva CRM のオブジェクトとフィールドは、ビジネス上重要であると考えられているため、ルックアップフィルタを使用するように設定できません。ルックアップフィルタは、iPad、Windows およびオンラインでサポートされています。一部を除き、標準のオンライン Salesforce ページからアクセスされるすべてのオブジェクト (カスタムオブジェクトを含む) でサポートされています。

以下の Veeva オブジェクトはすべてのプラットフォームでサポートされています:

  • Account_Authorization_vod
  • Account_Partner_vod
  • Account_Plan_vod
  • Action_Item_vod
  • Alert_User_Action_vod
  • Analytics_Product_Group_vod
  • Application_Label_vod
  • Approved_Document_vod
  • Benefit_Design_vod
  • Benefit_Design_Line_vod
  • Business_Event_vod
  • Business_Event_Target_vod
  • Clm_Presentation_vod
  • Clm_Presentation_Slide_vod
  • Call_Objective_vod
  • Coaching_Report_vod
  • Company_Collaboration_vod
  • Consent_Header_vod
  • Consent_Line_vod
  • Content_Acknowledgement_vod
  • Content_Acknowledgement_Item_vod
  • Content_Deployment_vod
  • Country_vod
  • EM_Attendee_vod
  • EM_Budget_vod
  • EM_Catalog_vod
  • EM_Event_vod
  • EM_Event_Action_vod
  • EM_Event_Budget_vod
  • EM_Event_Configuration_Country_vod
  • EM_Event_History_vod
  • EM_Event_Layout_vod
  • EM_Event_Material_vod
  • EM_Event_Rule_vod
  • EM_Event_Session_vod
  • EM_Event_Session_Attendee_vod
  • EM_Event_Speaker_vod
  • EM_Event_Team_Member_vod
  • EM_Expense_Estimate_vod
  • EM_Speaker_vod
  • EM_Speaker_Qualification_vod
  • EM_Vendor_vod
  • EM_Venue_vod
  • Event_Attendee_vod
  • Expense_Header_vod
  • Expense_Line_vod
  • Expense_Type_vod
  • Event_Attendee_vod
  • Focus_Area_vod
  • Index_vod
  • Lot_Catalog_vod
  • MC_Cycle_Plan_vod
  • MC_Cycle_Plan_Product_vod
  • MC_Cycle_Plan_Summary_vod
  • MC_Cycle_Plan_Target_vod
  • MC_Cycle_Product_vod
  • Medical_Event_vod
  • Medical_Insight_vod
  • Multichannel_Consent_vod
  • Multichannel_Content_Asset_vod
  • My_Setup_Products_vod
  • Plan_Tactic_vod
  • Position_vod
  • Product_vod
  • Product_Group_vod
  • Product_Group_Map_vod
  • Product_Information_vod
  • Product_Strategy_vod
  • Product_Tactic_vod
  • Question_Response_vod
  • Sample_Inventory_vod
  • Sample_Inventory_Item_vod
  • Sample_Limit_vod
  • Sample_Lot_vod
  • Speaker_Evaluation
  • Stakeholder_Preference_vod
  • Suggestion_vod
  • Suggestion_Tag_vod
  • Survey_Target_vod

    設定可能なルックアップは Employee_vod フィールドのみをサポートします。$Source 変数を含むフィルタ条件は Manager_vod フィールドしか使用しません。フィルタがオプションとしてマークされている場合でも、値を選択したときにこのフィールドのルックアップフィルタはキャンセルできません。

  • Territory_Budget_vod

ルックアップフィルタの例外

ルックアップフィルタは、プラットフォームにかかわらず以下ではサポートされていません: 

  • コールレポート
  • データ変更申請の編集
  • 新規アカウントウィザード

    新規住所ウィザード

    親アカウントウィザード

  • データ変更申請の編集申請

以下のフィールドは、プラットフォームにかかわらずルックアップフィルタをサポートしていません: 

オブジェクト フィールド
EM_Attendee_vod Account_vod__c
Contact_vod__c
Event_vod__c
User_vod__c
EM_Event_vod NextApprover
キュー
EM_Event_Material_vod Email_Template_vod__c
EM_Event_Rule_vod Country_Override_vod__c
EM_Event_Speaker_vod Speaker_vod__c
EM_Event_Team_Member_vod Group_Name_voc__c
EM_Expense_Estimate_vod Event_Budget_vod__c
Expense_Type_vod__c
Expense_Header_vod Incurred_Expense_Account_vod__c
Incurred_Expense_Attendee_vod__c
Incurred_Expense_Speaker_vod__c
Incurred_Expense_Team_Member_vod__c
Incurred_Expense_Vendor_vod__c
Incurred_Expense_Venue_vod__c
Payee_Account_vod__c
Payee_Attendee_vod__c
Payee_Speaker_vod__c
Payee_Team_Member_vod__c
Payee_Vendor_vod__c
Payee_Venue_vod__c
Expense_Line_vod Event_Budget_vod__c
Expense_Estimate_vod__c
Expense_Type_vod__c
Expense_Type_vod Country_vod__c
Parent_Expense_Type_vod__c

必須とオプションのフィルタタイプについて

Salesforce ルックアップフィルタはオプションまたは必須として定義されます。

Veeva の UI はオプションまたは必須フィルタとのルックアップフィールドを表示します。常にフィルタ条件を適用しますが、フィルタ条件の範囲外の結果は表示しません。

ルックアップフィルタがオプションと定義されている場合、レコードはフィルタ条件と一致しないルックアップ値で保存・更新されます。ルックアップフィルタが必須と定義されている場合、Salesforce はレコードが更新されないようにします。このような状況は、レコードがデータロードされる場合、またはレコードが更新されルックアップの初期値がフィルタ条件を満たしていない場合に起こります。

詳細は、Salesforce のルックアップフィルタマニュアルをご覧ください。

Veeva 定義ロジック

Veeva CRM は、ルックアップフィールドに関するビジネスクリティカルなロジックが、データの整合性と品質を確保します。ロジックは、フィルタ条件をルックアップフィルタに動的に適用します。Veeva 定義ロジックは、削除、変更、無効化できません。お客様定義のルックアップフィルタまたはレイアウトは、既存の Veeva 定義ロジックに追加されます。

ルックアップフィルタにサポートされているフィールドタイプと演算子

一部のフィルタリングフィールドタイプと演算子は、API および/またはアプリケーションの制約によりサポートできません。また、オフラインプラットフォームで実行できないものもあります。以下に詳細を挙げます:

ルックアップフィルタの式には、以下のサポートされるフィールドタイプと演算子を含むことができます:

フィールドタイプ サポートされる演算子
テキスト
  • equals/not equal to
  • contains/does not contain
  • 次で始まる
Topic: Name STARTS WITH Cholecap
選択リスト
  • equals/not equal to
Status EQUALS Eligible
数字
  • equals/not equal to
  • less than/greater than

Event: Actual Cost GREATER THAN 1000

チェックボックス equals/not equal to IsActive EQUALS True

ルックアップ

  • equals/not equal to
  • contains/does not contain
  • 次で始まる

Topic EQUALS X788668

主従関係
  • equals/not equal to
  • contains/does not contain
  • 次で始まる
Account: Name EQUALS X788668

フィルタ条件にサポートされていない式が含まれる場合、その単一の式が無視され、残りの式が適用されます。

ルックアップフィルタへのオプションと必須の設定は現在サポートされていません。

グローバル変数

以下のグローバル変数は一部サポートされています:

グローバルネームスペース サポートされている変数
現在のユーザ ($User)

プロファイル ID

マネージャ ID

ロール ID

ユーザ ID

有効

主たるテリトリー

部門

市区郡

プロファイル名

RecordType

DeveloperName

検索レイアウトおよびルックアップフィルタは、標準の Salesforce 管理者インターフェースで設定されます。

Salesforce 検索レイアウトはオブジェクトレベルで定義されます。オブジェクトタイプに対するすべてのルックアップは検索レイアウトを使用します。検索レイアウトは、ルックアップダイアログのレイアウトタイプを使用して定義する必要があります。

Salesforce ルックアップフィルタはフィールドレベルで定義されます。フィルタ条件は、特定のルックアップフィールドにのみ適用されます。

フィルタまたはレイアウトが Salesforce で定義されたら、管理者は、Metadata キャッシュマネージャを使用して Metadata をリフレッシュする必要があります。以降の同期で、Veeva CRM iPad と Windows アプリケーションに変更が反映されます。

付録 B: Veeva 定義ロジック付きのルックアップ

以下のルックアップには、Veeva 定義のビジネスロジックが含まれ、SFDC ルックアップの設定は無視されます:

アカウントオブジェクトにルックアップを使用する場合、エンドユーザには Account_Search_FirstLast_vod と Account_Search_Last_First_vod のフィールドに FLS 参照権限を付与する必要があります。結果は名前またはロケーションで並び替えできません。

オブジェクト フィールド
アカウント

Primary_Parent_vod

Country_vod

Business_Professional_Person_vod

Account_Tactic_vod

Account_vod

Account_Plan_vod

Plan_Tactic_vod

Product_Strategy_vod

Product_Tactic_vod

Affiliation_vod

Child_affiliation_vod

From_Account_vod

From_Contact_vod

To_Account_vod

To_Contact_vod

Call2_vod

Account_vod

Account_Plan_vod

Assigner_vod

Child_Account_vod

Cobrowse_MC_Activity_vod

Contact_vod

DEA_Address_vod

EM_Event_vod

Error_Reference_Call_vod

Location_Name_vod

Medical_Event_vod

Medical_Inquiry_vod

Parent_Address_vod

Parent_Call_vod

Cobrowse_Presentation_vod

Product_Priority_1_vod

Product_Priority_2_vod

Product_Priority_3_vod

Product_Priority_4_vod

Product_Priority_5_vod

Ship_To_Address_vod

Suggestion_vod

Supervising_Physician_vod

User_vod

Call2_Detail_vod

Detail_Group_vod

Call2_vod

Product_vod

Call2_Discussion_vod

Account_vod

Account_Tactic_vod

Product_Strategy_vod

Product_Tactic_vod

Child_Account_vod

Child_Account_vod

Parent_Account_vod

Contract_vod Wholesaler_vod

Inventory_Monitoring_Line_vod

Inventory_Monitoring_vod

Product_vod

Key_Message_vod

Detail_Group_vod

Product_vod

Product_Strategy_vod

Shared_Resource_vod

Medical_Discussion_vod

Account_vod

Account_Tactic_vod

Contact_vod

Detail_Group_vod

Interaction_vod

Medical_Event_vod

Product_vod

Product_Strategy_vod

Product_Tactic_vod

User_vod

Medical_Inquiry_vod

Account_vod

Call2_vod

Assign_To_User_vod

Medical_Insight_vod

Account_vod

Clinical_Trial_vod

Interaction_vod

Medical_Event_vod

Publication_vod

Multichannel_Consent_vod Account_vod

Order_vod

Account_vod

Assortment_vod

Billing_Address_vod

Call2_vod

Contract_vod

Delivery_Location_vod

Order_Campaign_vod

Parent_Order_vod

Payer_vod

Price_Book_vod

Ship_To_Address_vod

Wholesaler_vod

Wholesaler_Account_Partner_vod

Order_Line_vod

Order_vod

Product_vod

Product_Group_vod

Sample_Order_Transaction_vod

Account_vod

Lot_vod

Ref_Order_Transaction_Id_vod

Sample_Receipt_vod

Lot_vod

Ref_Order_Transaction_Id_vod

Ref_Transaction_Id_vod

Transferred_From_vod

Sample_Transaction_vod

Lot_vod

Ref_Transaction_Id_vod

Account_vod

Sample_Transaction_Audit_vod

Adjust_For_vod

Transaction_Created_By_vod

Transaction_Modified_By_vod

Transferred_From_vod

Transfer_To_vod

Survey_vod

Detail_Group_vod

Product_vod

EM_Attendee_vod

Account_vod

Contact_vod

Event_vod

User_vod

EM_Event_vod

NextApprover

キュー

EM_Event_Budget_vod Budget_vod

EM_Event_Layout_vod

Country_Override_vod

EM_Event_Material_vod Email_Template_vod

EM_Event_Rule_vod

Country_Override_vod

EM_Event_Speaker_vod Speaker_vod

EM_Event_Team_Member_vod

Group_Name_vod

EM_Expense_Estimate_vod

Event_Budget_vod

Expense_Type_vod

Expense_Header_vod

Incurred_Expense_Account_vod

Incurred_Expense_Attendee_vod

Incurred_Expense_Speaker_vod

Incurred_Expense_Team_Member_vod

Incurred_Expense_Vendor_vod

Incurred_Expense_Venue_vod

Payee_Account_vod

Payee_Attendee_vod

Payee_Speaker_vod

Payee_Team_Member_vod

Payee_Vendor_vod

Payee_Venue_vod

Expense_Line_vod

Event_Budget_vod

Expense_Estimate_vod

Expense_Header_vod

Expense_Type_vod

Expense_Type_vod

Country_vod

Parent_Expense_Type_vod

Metadata_Translation_vod Parent_Definition_vod

Visualforce のページとタブは、パッケージの一部としてデフォルトで有効化されています。

設定可能なルックアップの機能強化

エンドユーザの生産性を改善し、データ品質を強化するため、Veeva Lookup ダイアログでは、ネイティブの Salesforce ルックアップフィルタと検索レイアウトを使用できます。この機能で $Source ネームスペースが使えるようになりました。$Source ネームスペースには、現在のオブジェクトまたはソースオブジェクトで有効なフィールドに基づいてルックアップフィルタを定義する機能があります。管理者は同じオブジェクトの別のフィールドのデータに基づいたルックアップフィルタを使用して、検索結果をさらに絞り込むことができます。

例えば、マネージャの Sarah Jones がコーチングレポートを作成したいとします。彼女は従業員ルックアップフィールドから 1 人のユーザを選択します。しかし、彼女が必要としているのは彼女に報告を行っている従業員のみの表示です。Sarah はコーチングレポートのマネージャフィールドへの参照を含めたフィルタ条件を定義します。そうすると、従業員ルックアップにコーチングレポートフィールドとマネージャフィールドに基づいたフィルタリングの結果が表示されます。

ユーザは $Source 変数への参照を含むフィルタ条件を定義することができます。$Source 変数は現在のレコードのフィールドとして定義されます。別のオブジェクトへのルックアップフィールドは $Source を使用してフィルタリングすることができます。

例えば、EmployeeManagerID = $Source:Manager ID は有効な条件であり、選択されたマネージャに報告を行うユーザがリストに入っている従業員レコードのフィルタリングが実行されます。

Metadata キャッシュマネージャはこれらの条件をサポート済みとしてマークし、フィルタをオンラインおよびオフラインルックアップで使用できます。

$Source 変数はフィルタ条件の右側に定義します。

設定可能なルックアップはマルチレベルのオブジェクトアクセスをサポートしていません。