Auto-Publish CLM コンテンツを Web リンクまたは QR コード経由で送信

  • CRM デスクトップ (Windows)
  • iPad
  • iPhone

この機能は、本番環境のアップグレード前にテストするためにEngageサンドボックスで使用できます。詳細は Engage Sandbox リリースのサポート を参照してください。

ユーザはソーシャルメッセージアプリを使って、メディアライブラリから自動公開された CLM コンテンツへのリンクを HCP に送信できます。受領者がリンク自体に実施したインタラクションはすべて追跡され、管理者は特定のプレゼンテーションへの関与を分析し、CLM コンテンツを改善できます。自動発行について詳しくは CLM に Vault の自動発行を使用 を参照してください。

Web リンクは、自動公開されたコンテンツにのみ対応しています。バインダーやスライドはサポートされていません。

例えば、Sarah Jones は、Clinton Ackerman 医師とのやり取りに SMS を使用しています。Ackerman 医師とのコールで、Sarah は Cholecap に関する CLM のプレゼンテーションを表示します。コール後、Ackerman 医師が情報を確認するためにプレゼンテーションのコピーが欲しいと言ったため、Sarah は iPad のメッセージアプリで Ackerman 医師にリンクを送信しました。Ackerman 医師がリンクを選択し、プレゼンテーションを閲覧すると、そのアクティビティは Veeva CRM で追跡されます。

QR コード、メッセージ、WhatsApp、LINE、および Engage Connectは、Windows 版 CRM デスクトップのプラットフォームではサポートされていません。

Auto-Publish CLM コンテンツへのリンクの送信の設定

自動公開された CLM コンテンツへのリンクをユーザが送信できるようにする:

  1. CLM インテグレーションユーザに以下の権限を付与します:

    オブジェクト

    OLS

    レコードタイプアクセス

    フィールド

    FLS

    CLM_Presentation_vod

    該当なし

    該当なし

    Share_as_Engage_Link_vod

    編集

    Message_Activity_vod

    CRU

    Vault_Activity_vod

    • Sent_Message_vod
    • Vault_Document_Id_vod
    • Vault_Document_Major_Version_vod
    • Vault_Document_Minor_Version_vod
    • Vault_Doc_Name_vod
    • Vault_Document_Number_vod
    • Vault_Document_Title_vod
    • Vault_Domain_vod

    編集

    Sent_Message_vod

     

    CRU

     

    Content_vod

     

    • Account_vod
    • Call_vod
    • Capture_Datetime_vod
    • Clm_Presentation_vod
    • Detail_Group_vod
    • Details_vod
    • Engage_Link_vod
    • Key_Message_vod
    • Message_Config_Values_vod
    • Mobile_ID_vod
    • Opened_vod
    • Product_vod
    • Sent_Datetime_vod
    • Sent_From_Platform_vod
    • Sent_Phrase_vod
    • Sent_Via_vod
    • Shortened_Engage_Link_vod
    • To_vod
    • Transaction_Type_vod
    • User_vod
    • VExternal_Id_vod

    編集

    • Clicked_vod
    • Click_Count_vod
    • Downloaded_vod
    • Download_Count_vod
    • Viewed_vod
    • View_Count_vod
    読取り
  2. Engage 処理後インテグレーションユーザに以下の権限を付与します:

    オブジェクト

    OLS

    レコードタイプアクセス

    フィールド

    FLS

    CLM_Presentation_vod

    該当なし

    該当なし

    Share_as_Engage_Link_vod

    編集

    Message_Activity_vod

    CRU

    Vault_Activity_vod

    • Sent_Message_vod
    • Vault_Document_Id_vod
    • Vault_Document_Major_Version_vod
    • Vault_Document_Minor_Version_vod
    • Vault_Doc_Name_vod
    • Vault_Document_Number_vod
    • Vault_Document_Title_vod
    • Vault_Domain_vod

    編集

    Sent_Message_vod

     

    CRU

     

    Content_vod

     

    • Account_vod
    • Call_vod
    • Capture_Datetime_vod
    • Clm_Presentation_vod
    • Detail_Group_vod
    • Details_vod
    • Engage_Link_vod
    • Key_Message_vod
    • Message_Config_Values_vod
    • Mobile_ID_vod
    • Opened_vod
    • Product_vod
    • Sent_Datetime_vod
    • Sent_From_Platform_vod
    • Sent_Phrase_vod
    • Sent_Via_vod
    • Shortened_Engage_Link_vod
    • To_vod
    • Transaction_Type_vod
    • User_vod
    • VExternal_Id_vod

    編集

    • Clicked_vod
    • Click_Count_vod
    • Downloaded_vod
    • Download_Count_vod
    • Viewed_vod
    • View_Count_vod
    読取り
  3. エンドユーザに以下の権限を付与します:

    オブジェクト

    OLS

    レコードタイプアクセス

    フィールド

    FLS

    CLM_Presentation_vod

    該当なし

    該当なし

    • Share_as_Engage_Link_vod
    • Vault_DNS_vod
    • Vault_Doc_Id_vod
    • Vault_External_Id_vod
    • Vault_GUID_vod
    • Vault_Last_Modified_Date_Time_vod

    参照

    Key_Message_vod

    該当なし

    該当なし

    • Vault_DNS_vod
    • Vault_Doc_Id_vod
    • Vault_External_Id_vod
    • Vault_GUID_vod
    • Vault_Last_Modified_Date_Time_vod

    読取り

    Message_Activity_vod

    R

    該当なし

    • Activity_vod
    • Activity_Datetime_vod
    • Client_Device_vod
    • Client_Name_vod
    • Client_OS_vod
    • Client_Type_vod
    • IP_Address_vod
    • Sent_Message_vod
    • User_Agent_vod
    • Vault_Document_Id_vod
    • Vault_Document_Major_Version_vod
    • Vault_Document_Minor_Version_vod
    • Vault_Doc_Name_vod
    • Vault_Document_Number_vod
    • Vault_Document_Title_vod
    • Vault_Domain_vod

    読取り

    Sent_Message_vod

    R

    該当なし

    • Account_vod
    • Call_vod
    • Capture_Datetime_vod
    • Clm_Presentation_vod
    • Detail_Group_vod
    • Details_vod
    • Engage_Link_vod
    • Key_Message_vod
    • Message_Config_Values_vod
    • Mobile_ID_vod
    • Opened_vod
    • Product_vod
    • Sent_Datetime_vod
    • Sent_From_Platform_vod
    • Sent_Phrase_vod
    • Sent_Via_vod
    • Shortened_Engage_Link_vod
    • Status_vod
    • To_vod
    • Transaction_Type_vod
    • User_vod
    • VExternal_Id_vod

    編集

    • Clicked_vod
    • Click_Count_vod
    • Downloaded_vod
    • Download_Count_vod
    • Viewed_vod
    • View_Count_vod

    読取り

  4. 以下のフィールドの選択リストの値を、利用可能なすべてのレコードタイプで有効にします:
    • Sent_Message_vod
    • Sent_Via_vod
    • Transaction_Type_vod
    • Message_Activity_vod
    • Activity_vod
  5. zvod_Timeline_Message_vod フィールドを、エンドユーザが使用する Account_Overview_Layout_vod オブジェクトページレイアウトに追加します。
  6. Share_as_Engage_Link_vod フィールドを適切な CLM_Presentation_vod オブジェクトページレイアウトに追加します。
  7. Sent_Message_vod オブジェクトのSent_Via_vodおよびTransaction_Type_vod フィールドの選択リストの値を、すべてのレコードタイプで有効にします。
  8. Engage リンクの設定に進みます。
  9. 以下のEngage リンクの設定を適切に入力します:
    • ENGAGE_LINK_ACCOUNT_SELECTION_vod – リンクを送信する前に、ユーザがアカウントを選択する必要があるかどうかを決定します。以下のいずれかの値を入力します:
    • 0 – ユーザはアカウントを選択する必要があります。これは初期値です。
    • 1 – ユーザはアカウントを選択できません.共有オプションを選択後、ユーザは受信者がまだ追加されていない場合、選択することができます。
    • ENGAGE_LINK_APPS_vod – ENGAGE_LINK_APPS;;EngageLink Veeva Message を参照します。Veeva Message のリストを編集し、ユーザがアカウント付きリンクを送信する際に利用できる共有オプションの数および順序を制御します。有効な値は以下の通りです:
    • メッセージ
    • WhatsApp
    • 品目
    • EngageConnect
    • CopyURL (QR コードを含む)
    • フォーマットApp1;;App2を使用します。

  10. 適切なプラットフォームの以下のオブジェクトに対して、VMOC が有効であることを確認します>:
    • 以下の where 句がある Sent_Message_vod
    • WHERE (Account_vod__r.Name != NULL AND CreatedDate>=LAST_N_DAYS:90)
    • Message_Activity_vod
    • Engage_Link_Settings_vod

Auto-Publish CLM コンテンツがリンクとして送信されることを許可する

自動発行された CLM プレゼンテーションを CRM でリンクとして送信できるようにするために、Vault コンテンツ管理者はプレゼンテーションで Publish for Veeva CRM (ウェブリンク) (publish_for_veva_crm_web_link__v) フィールドが Yes に設定されていることを確認する必要があります。

SMS および WhatsApp 電話番号の定義

管理者は、アカウントの SMS および WhatsApp の電話番号を定義することができます。これにより、ユーザがメッセージおよび WhatsApp を使用してアカウントにリンクを送信する際に、受領者の電話番号が自動入力されます。

  1. エンドユーザに アカウントオブジェクトの以下のフィールドに対する FLS 参照権限を付与します:
    • SMS_vod
    • WhatsApp_vod
    • WhatsApp には iPad アプリがないため、WhatsApp Web は iPad プラットフォームのブラウザで起動します。Veeva は WhatsApp Web の動作を制御しません。

  2. 適切なアカウントレコードに移動します。
  3. 編集を選択します。
  4. SMS_vod または WhatsApp_vod フィールドに入力します。
  5. 電話番号は、国番号を含む数字のみ (記号は不可) で、11234567890 のように先頭の「0」を含まないものである必要があります。

リンクを自動公開 CLM コンテンツに送信

メディアライブラリでは、その他のアクションボタンから、自動公開されたプレゼンテーションのリンクを送信できます:

  1. 該当するプレゼンテーションサムネイルの上にあるその他のアクションを選択します。
  2. プレゼンテーションを送信を選択し、利用可能な共有オプションを表示します。

    ENGAGE_LINK_ACCOUNT_SELECTION_vod Engage Link 設定が 1 に設定されている場合、ユーザは共有オプションを表示する前にアカウントを選択するよう促されます。

  3. 適切なアプリまたは共有オプションを選択します。
  4. アプリで受領者を選択します (該当する、および未入力の場合)。受領者フィールドは、以下が当てはまる場合に自動入力されます:
    • 共有オプションを選択する前に、ユーザがアカウントを選択した場合
    • 選択された共有オプションがメッセージまたは WhatsApp である
    • アカウントの SMS_vod または WhatsApp_vod フィールドが入力されている

ユーザが期限切れのコンテンツにリンクを送信しようとした場合、リンクは生成されず、エラーメッセージが表示されます。

Auto-Publish CLM コンテンツリンクの追跡

リンクが送信されると、以下のフィールドを持つ Sent_Message_vod レコードが自動作成されます。

自動公開されたプレゼンテーションの短縮された URL ではなく、完全な URL を送信した場合、その理由がSent_Message_vod レコードの Details_vod フィールドに記録されます。

フィールド

レコードタイプ

Content_vod

アカウント

選択した場合、アカウントをルックアップします

ユーザ

リンクを送信したユーザへのルックアップ

CLM プレゼンテーション

CLM_Presentation_vod レコードをルックアップします

短縮された Engage Link

Engage Link の短縮版

取得日時

共有オプションが選択された日時

終了日

リンクを送信したアプリの電話番号または ID (送信プレゼンテーションボタン選択時に電話番号または ID が利用可能な場合のみ入力されます)

送信元プラットフォーム

リンクが送信されたプラットフォーム

送信方法

リンクを送信するために使用された共有オプション

トランザクションタイプ

Vault コンテンツ

コール

リンクがコールから開始され、参加者アカウントが選択された場合の、該当する Call2_vod レコードへのルックアップです。

製品

CLM_Presentation_vod レコード上の製品

ディテールグループ

CLM_Presentation_vod レコード上のディテールグループ

モバイル ID

システムで生成された ID

VExternal ID

短縮された URL の一意な識別子

ユーザは、アカウントのタイムラインで、送信メッセージの追跡アクティビティなど、送信メッセージの詳細を確認できます。Sent_Message_vod レコード詳細を表示するには、[さらに表示] を選択します。

自動公開された CLM コンテンツが短縮 URL からアクセスされたり、Vault Viewer から閲覧またはダウンロードされたりするたびに、以下のフィールドを持つ Message_Activity_vod レコードが作成されます:

ソーシャルメッセージアプリの中には、送信リンクのプレビューを表示するものがあります。短縮リンクにアクセスすることでプレビューが生成され、Message_Activity_vod レコードが作成されます。Veeva CRM はリンクプレビューが生成されないようにすることはできません。

フィールド

レコードタイプ

Vault_Activity_vod

活動

閲覧済み、ダウンロード済み

アクティビティ日時

アクティビティが行われた日時

IP アドレス

URL にアクセスしたサーバ/デバイスの IP アドレス

ユーザエージェント

IP アドレスから返されたユーザエージェントの詳細

クライアント名

クライアントソフトウェアの名前

クライアント OS

クライアントソフトウェアが動作している OS ファミリーの名称

クライアントタイプ

URL にアクセスするために使用されるソフトウェアのタイプ

クライアントデバイス

URL にアクセスするために使用されるデバイスのタイプ

ドキュメント名

Vault で閲覧またはダウンロードしたドキュメントの名前

ドキュメントタイトル

Vault で閲覧またはダウンロードしたドキュメントのタイトル

ドキュメント Id

Vault で閲覧またはダウンロードしたドキュメントの Vault 識別子

ドキュメント番号

Vault で閲覧またはダウンロードしたドキュメント番号

Vault ドメイン

ソース Vault のドメイン

ドキュメントのメジャーバージョン

表示またはダウンロードされた Vault ドキュメントのメジャーバージョン

ドキュメントのマイナーバージョン

表示またはダウンロードされた Vault ドキュメントのマイナーバージョン

特記事項

  • リンクを送信できるユーザには、Engage Meeting のライセンスが必要です。
  • 制限付き製品許可された製品、およびアカウントの区分は反映され、ユーザが各アカウントに送信できるコンテンツを制御します。
  • トレーニングコンテンツとしてマークされたコンテンツは、メディアライブラリから送信することはできません。詳細はトレーニングプレゼンテーションの使用を参照してください。