トレーニングプレゼンテーションの使用

  • iPad
  • Windows タブレット

トレーニングプレゼンテーションには、開発中のコンテンツまたはトレーニングを目的に使用されるコンテンツが含まれています。これによりお客様はコンテンツをすべてのユーザにパブリッシングする前に、CLM メディアプレーヤーでコンテンツがどのように表示されるのかをテストできます。

例えば、Verteo BioPharma はビデオを含む Cholecap に関する新しいプレゼンテーションを開発しています。エンドユーザにどのように表示されるかをテストするため、管理者はプレゼンテーションをトレーニングとマークします。Sarah はメディアライブラリのトレーニングタブからプレゼンテーションを選択して、メディアプレーヤーでコンテンツを表示します。ビデオが小さすぎて見にくいというフィードバックを Verteo BioPharma に提供します。

トレーニングプレゼンテーションをマークする

プレゼンテーションをトレーニングとマークするには:

  1. CLM_Presentation_vod オブジェクトの Training_vod フィールドに以下の権限を付与します:
    • 管理者 - FLS 編集
    • エンドユーザ - FLS 参照
  2. 適切な CLM_Presentation_vod オブジェクトレコードに移動します。
  3. 編集を選択します。
  4. Training_vod チェックボックスを選択します。
  5. 保存を選択します。

トレーニングプレゼンテーションの使用

ユーザはメディアライブラリのトレーニングタブを選択すると、トレーニングプレゼンテーションを表示できます。トレーニングタブオプションは、1 つ以上のトレーニングプレゼンテーションがユーザに割り当てられている場合のみ使用できます。

トレーニングのために作成されたコンテンツやトレーニングとマークされているコンテンツは、コールレポートの一部として含めることはできません。通常のプレゼンテーションを表示する際にトレーニングプレゼンテーションは表示されず、またトレーニングプレゼンテーションを表示する際に通常のプレゼンテーションは表示されません。

トレーニングプレゼンテーションへの透かしの追加に関する詳細は、トレーニングプレゼンテーションへの透かしの追加をご覧ください。