Veeva CRM デスクトップアプリ内でのカスタムプレゼンテーションの組立

  • CRM デスクトップ (Mac、Windows)

この機能は、本番環境へのアップグレードの前のテスト用に Engage Sandbox で利用可能です。詳細はEngage Sandbox リリースのサポートを参照してください。

ユーザは、メディアライブラリの既存のプレゼンテーションスライドからカスタマイズされたプレゼンテーションの作成と組み立てを行い、対象アカウントにカスタマイズしたメッセージを提供することができます。

ユーザは以下のアクションを実行できます:

  • カスタムプレゼンテーションの作成
  • 既存の読み取り専用プレゼンテーションのコピーの作成

    読み取り専用のプレゼンテーションは HQ のプレゼンテーションで、ユーザは作成または削除できません。読み取り専用プレゼンテーションのプレゼンテーションウィンドウには、スライドカウンターの横に読み取り専用と表示されます。

  • 既存のカスタムプレゼンテーションのコピーの作成

ユーザはスライドのコンテンツを修正したり、カスタムプレゼンテーションを削除したりすることはできません。

例えば、MSL の Larry Lakes は、Ackerman 医師を訪ねる予定です。前回のコールで、Ackerman 医師から Cholecap に関する具体的な情報に関する質問がありました。コール前に、Larry はカスタムプレゼンテーションを作成し、既存の2種類のプレゼンテーションからスライドを追加し、関連性のないスライドを削除し、残りのスライドを並べ替えて流れを改善しました。そして、将来使用するために新しい名前を付けて保存します。

Veeva CRM Desktop のカスタムプレゼンテーションでは、拡張サブプレゼンテーションはサポートされていません。拡張サブプレゼンテーションが有効な場合、ユーザはカスタムプレゼンテーションを作成できません。

Veeva CRM デスクトップアプリ内でのカスタムプレゼンテーションの設定

この機能を使用するにはCLM の初期設定を完了させておきます。

カスタムプレゼンテーションのエラーを防ぐためのベストプラクティスとして、値が 1 の CUSTOM_PRESENTATION_MANAGEMENT_vod の Multichannel Setting を追加します。

Veeva CRM デスクトップアプリは MULTI_PROD_USER_DEFINED_PRESENTATION_vod Veeva 設定を無視します。

カスタムプレゼンテーションの無効化

エンドユーザに対してカスタムプレゼンテーションを無効化するには:

  1. 以下の権限を削除します:

    オブジェクト

    OLS

    レコードタイプ

    フィールド

    FLS

    CLM_Presentation_vod

    C

    • Mobile_ID_vod

    • Status_vod

    • Type_vod

    編集

    CLM_Presentation_Slide_vod

    C

    Mobile_ID_vod

    編集

  2. CLM_Presentation_vod のセキュリティ > 共有設定に進み、デフォルト内部アクセスの非公開を選択解除し、階層を使用したアクセス権限の付与チェックボックスを選択します。これにより、CLM_Presentation_vod の子である CLM_Presentation_Slide_vod オブジェクトの設定も定義されます。

  3. コンテンツ管理者が作成したプレゼンテーションへのアクセス権限をエンドユーザに付与する共有ルールを削除します。例えば、Type_vod != Custom のようになります。

エンドユーザがカスタムプレゼンテーションを作成すると自動的にサブプレゼンテーションが追加される設定を無効にするには:

  1. CLM_Presentation_Slide_vod オブジェクトの Mandatory_Slides_vod フィールドに対するエンドユーザの FLS 編集権限を削除します。
  2. カスタム設定 > マルチチャネル設定に進みます。
  3. マージを選択します。
  4. 編集を選択します。
  5. ENHANCED_SUB_PRESENTATIONS_vod マルチチャネル設定に値「0」を入力します。

カスタムプレゼンテーションの作成と組み立て

カスタムプレゼンテーションを作成または組み立てる際、ユーザは異なる製品の他のプレゼンテーションからスライドを追加できます。

カスタムプレゼンテーションの作成

カスタムプレゼンテーションを作成するには:

  1. カスタムプレゼンテーション用のスライドを含むプレゼンテーションを開きます。
  2. Veeva CRM デスクトップメニューを選択します。

  3. 新規プレゼンテーションを選択します。
  4. 開いているプレゼンテーションから適切なスライドを選択し、白紙のカスタムプレゼンテーションにドラッグします。

  5. スライドを編集するために、編集メニューを選択する、または適切なキーボードショートカットを使用します。
  6. ドラッグアンドドロップおよびコピーアンドペーストでスライドを並べ替え、一度に複数のスライドを並べることも可能です。

  7. ファイルメニューを選択します。

  8. 保存を選択します。
  9. プレゼンテーションの名前と必要なラベルを入力します。ラベルとしてテキストフィールドを選択すると、ラベルの追加モーダルが表示されます。詳細はプレゼンテーションのラベリングを参照してください。
  10. 保存を選択します。

ユーザは、同時に複数のカスタムプレゼンテーションを作成できます。

スライドソーターは、プレゼンテーションの全スライドを表示し、スライドの順番を簡単に並べ替えることができます。スライドカウンターの横にあるボタンで、通常表示とスライドソーターの切り替えができます。

カスタムプレゼンテーションのウィンドウを閉じたり、そこから移動したりする前に、ユーザはカスタムプレゼンテーションを保存する必要があります。

ユーザがメディアライブラリで更新の適用を選択すると、開いている各プレゼンテーションの未保存の変更を確認または破棄してから続行する必要があります。すべてのプレゼンテーションの確認と保存が完了すると、メディアライブラリが同期され、更新が適用されます。

既存のプレゼンテーションの重複

既存プレゼンテーションのコピーを作成する:

  1. 適切なプレゼンテーションを開き、ファイルメニューを選択します。または、メディアライブラリのプレゼンテーションのその他のアクションボタンを選択します。

    CRM Desktop(Windows)プラットフォームのユーザは、メディアライブラリで右クリックのコンテキストメニューも使用できます。

  2. 重複を選択します。
  3. スライドを編集するために、編集メニューを選択する、または適切なキーボードショートカットを使用します。ドラッグアンドドロップおよびコピーアンドペーストでスライドを並べ替え、一度に複数のスライドを並べることも可能です。
  4. ファイルメニューを選択します。
  5. 保存を選択します。
  6. プレゼンテーションの名前と必要なラベルを入力します。ラベルとしてテキストフィールドを選択すると、ラベルの追加モーダルが表示されます。
  7. 保存を選択します。

カスタムプレゼンテーションの削除

ユーザはメディアライブラリの内容が最新のコンテンツのみとなるように、カスタムプレゼンテーションを削除することができます。カスタムプレゼンテーションを削除すると、CLM_Presentation_vod レコードが失効し、ライブラリから削除されます。

カスタムプレゼンテーションを削除するには:

  1. メディアライブラリの適切なプレゼンテーションのその他のアクションボタンを選択します。
  2. 削除を選択します。
  3. 確認用ポップアップで削除を選択します。

カスタムプレゼンテーションプロパティの管理

カスタムプレゼンテーションのプロパティを編集できるのは、少なくとも1枚のスライドがある場合のみです。カスタムプレゼンテーションのプロパティを編集するには:

  1. カスタムプレゼンテーションを開きます。
  2. ファイルメニューを選択します。
  3. プロパティを選択します。
  4. 適切なプロパティを編集します:
    • 名前
    • 製品
    • キーワード
    • 説明

    CLM_Presentation_vod オブジェクトに必須フィールドを設定すると、メディアライブラリの同期時に必須フィールドが入力されないため、同期エラーが発生することがあります。

  5. 保存を選択します。