MyInsights ページレイアウトの定義

ユーザは、編集ページの [ページ] タブから MyInsights ページのレイアウトと形式を調整でき、CRM でエンドユーザにデータを表示する方法を制御できます。ホームページからページタブに進むには、アクションメニューからプレビューを選択します。

編集できるのは MyInsights Studio で作成されたコンテンツのみです。

使用可能な表示要素は以下の通りです.

表示要素

説明

セクション表示要素をグループ化するためのセクション。タイトルを含めることができます。タイトルの横に表示するアイコンを選択できます。

 

ユーザ定義列を使用して特定のデータ要素のデータを表示する表。選択されたデータ要素の出力はレコードのリストになります。テーブル内の任意の列の [ユーザによる並べ替え可能] チェックボックスを選択して、展開されたページを表示する時にユーザが並べ替えることができる列を定義できます。日付形式文字列を必要とする日付フィールドを表示することができます。詳細は、日付のフォーマット表現をご確認ください。

 

フィールドリスト様々なデータ要素のラベル付けされた値のリスト。ラベルおよび値のフォーマットスタイルを選択できます。各ラベルの横に表示するアイコンを選択できます。

 

傾向チャート特定のデータ要素のデータの時間変化を表示する折れ線グラフ。選択されたデータ要素の出力はレコードのリストになります。複数の傾向を表示することができます。同じチャートに複数の傾向を表示するには、「複数のデータシリーズがある」チェックボックスを選択して、[シリーズ] フィールドに適切なデータソースフィールドを入力します。

 

進捗チャート目標値に向けた進捗状況を表示する単一項目のグラフ。目標値を超える進捗にも対応します。

 

指標ハイライトラベルを小フォントで、その対応する値を強調するために大フォントで表示するユーザ定義の指標。2 つ目の指標を小フォントで追加することができます。各ラベルの横に表示するアイコンを選択できます。指標値が数字の場合、ユーザは表示する小数点を定義する必要があります.指標値が日付の場合、ユーザは日付形式を定義する必要があります.

 

ドロップダウン

ドロップダウンリストを表示し、ユーザはそこから単一のテキスト値を選択して、表示されるオプションをフィルタリングすることができます。

日付ピッカー

ユーザが表示オプションをフィルタリングする日付を選択できる日付ピッカーを表示します。オプションでデフォルト値を追加できます。

クエリの Where 句では日付ピッカーを使用しないでください。使用した場合、誤ったデータが表示されることがあります。

MyInsights Studio のコンテンツ作成者が、CRM および外部ソースから統合されたデータを使用して、詳細かつ包括的な MyInsights コンテンツを作成できるようにするために、開発者は、カスタムコードを作成し、サードパーティの開発者が作成したコードを含むカスタム表示要素として MyInsights Studio にインポートできます。詳細はカスタムディスプレイ要素の使用を参照してください。

表示要素に移動アクションを追加する

ユーザはユーザアクションを表示要素に追加して、インタラクティブかつレスポンシブなコンテンツを作成できます。

レコードの表示ナビゲーションアクションの使用

レコードの表示ナビゲーションアクションを使用して、ユーザは MyInsights コンテンツから直接データレコードに移動できます。コンテンツ作成者は、次のオブジェクトのビューレコードを追加することができます:

  • アカウント
  • 注文
  • 在庫モニタリング
  • アカウントプラン
  • プラン戦術
  • アカウント戦術
  • コール
  • コール目的
  • メディカルイベント
  • 調査ターゲット
  • メディカルインサイト
  • 医師からの問合せ
  • SWOT および目標
  • カスタムオブジェクト
  • コンテンツ作成者は、以下の表示要素に [レコードを表示] ナビゲーションアクションを追加することができます:

    • セクション – ヘッダーが含まれている場合に利用可能。データレコードへのリンクとしてセクションヘッダーを表示します。
    • 表 – 各列に利用可能。選択したデータソースからのレコードへのリンクとして列にそれぞれの値を表示します。
    • フィールドリスト – 各フィールドに利用可能。データレコードへのリンクとして値を表示します。
    • 指標ハイライト - 各値で利用可能。データレコードへのリンクとして値を表示します。

    表示要素に [レコードを表示] 移動アクションを追加するには:

    1. ページタブ下の設定ボタンを選択します。
    2. 適切な表示要素の編集を選択します。
    3. アクションの表示ドロップダウンメニューを選択します。
    4. ナビゲーションアクションドロップダウンメニューからレコードの表示を選択します。
    5. オブジェクトドロップダウンメニューからターゲットレコードに適切なオブジェクトを選択します。
    6. レコード ID ルックアップフィールドからターゲットレコードに適切なレコード ID を選択します。
    7. (2023 年 12 月 7 日より利用可能) 移動先に適切な MyInsights タブを選択します。この手順は任意で、対象のレコードのオブジェクトが Account の場合にのみ使用することができます。
    8. 新規を選択します。
    9. 保存を選択します。

    セクションの表示 (2023 年 12 月 7 日より利用可能)

    アカウントまたはテリトリーコンテンツタイプでのみ有効。

    表示要素に [セクションを表示] 移動アクションを追加するには:

    1. ページタブ下の設定ボタンを選択します。
    2. 適切な表示要素の編集を選択します。
    3. アクションの表示ドロップダウンメニューを選択します。
    4. 移動アクションのドロップダウンメニューから [セクションを表示] を選択します。
    5. 移動先に適切な MyInsights タブを選択します。
    6. 移動は、アカウント間、またはテリトリー間のみ許可されます。

    7. 新規を選択します。

    表示要素の追加およびプレビュー

    表示要素を追加するには:

    1. ページタブ下の設定ボタンを選択します。
    2. 表示要素を選択して空白のキャンバスにドラッグします。適切な位置がハイライトされたら、要素を放します。要素を配置できる位置は、点線でマークされます。
    3. 表示要素について適切な情報を入力します。データを絞り込むを使用してアクションの表示ドロップダウンメニューを選択し、必要に応じてユーザアクションを追加します。(オプション)要素を簡単に識別できるように、[説明] フィールドに入力します。
    4. OK を選択します。
    5. ページタブ下のプレビューボタンを選択し、フォーマットされたページを表示します。ページが想定通り表示されるように頻繁にプレビューします。

      ユーザアクションは、表示プレビューのリンクとして表示されます。ユーザは、ユーザアクションリンクを選択して、エンドユーザに生じるアクションを説明したポップアップを表示して、アクションが正しいことを確認することができます。

    すべての表示要素が追加されたら、保存を選択します。コンテンツにエラーがなければ、コンテンツのデプロイ可能なバージョンが作成されます。

    ページレイアウトを定義したら、ユーザはテストまたは実際の使用のためにページを Veeva CRM にデプロイすることができます。詳細はVeeva CRM への MyInsights ページのデプロイを参照してください。