Veeva CRM および Lightning

    ブラウザ (Lightning)

Lightning は、有用性と効率性を重視して更新された Salesforce のユーザエクスペリエンスです。Salesforce は Lightning Experience でのみ利用できる新しいエンハンスメントを導入しているため、Veeva CRM のお客様はオンラインユーザを既存の Classic Experience から Lightning Experience に移行することで、これらのエンハンスメントを利用できるようになります。

Veeva は、22R1 以前のすべての組織に Veeva CRM Lightning Ready アップグレードを展開しました。以下の S-コントロールは、カスタムの Veeva 定義 UI 要素が修正レポートに表示され、アップグレード後も組織に残る場合を示すために使用されます。

  • An_RF_Acc_List_vod
  • An_TC_Sales_Trends_vod
  • An_RF_Reach_Details_vod
  • An_TSA_Sales_Details_By_Territory_vod
  • An_Territory_Payer_Top_Accts_vod
  • An_TC_Sales_Details_vod
  • An_JD_Dtl_Sum_vod

アップグレードプロセスは、Veeva 製品が提供する標準 CRM コンポーネントの Lightning 互換性のみを更新しました。グローバルアカウント検索や AppExchange アプリなど、組織のカスタマイズやその他のアプリはこのアップグレードプロセスの影響を受けないため、個別に更新する必要があります。

Lightning のための特記事項

サポートされているブラウザ

サポートされているブラウザの全リストは、Salesforce ドキュメントの Lightning Experience でサポートされているブラウザをご覧ください。

ブラウザの問題に関するトラブルシューティングは、以下の Salesforce ドキュメントをご覧ください。

Visualforce ページが正しく表示されるようにするには、ユーザが Mobile Safari 設定のサイト超えトラッキングを防ぐ設定を無効化する必要があります。

iPad の埋め込みブラウザは、WKWebView を使用するモバイルブラウザで、Salesforce Classic を表示します。デスクトップブラウザであるため、iPadOS の Safari を使用した際に Lightning Experience で CRM オンラインが起動されます。iPadOS と MacOS のデバイスを使用しているユーザは、Safari の設定でサイト超えトラッキングを防ぐ設定を無効化する必要があります。詳細は、オンラインに進むを確認してください。

Lightning の技術的要件

Lightning で Veeva CRM を最速かつ安定的に利用するためには、ユーザのデバイスが以下の要件を満たしていることを確認する必要があります:

  • Octane 2.0 のスコア 30,000 以上。20,000 以上。
  • 150 ms 以下のネットワークレイテンシ。最大 200 ms 以下。
  • 3 Mbps 以上のダウンロード速度。1 Mbps 以上。
  • 8 GB 以上の RAM、ただし Salesforce のブラウザタブに 3 GB 使用可能であること。最小 5 GB 以上の RAM、ただし Salesforce のブラウザタブに 2 GB 使用可能であること。

詳しくは、Lightning エクスペリエンスの技術的要件に関するSalesforce のドキュメントをご覧ください。

制限

Lightning Experience では、Veeva CRM の既知の機能制限があります。

  • 標準 Salesforce アカウントタブが非表示の場合、Salesforce グローバル検索はアカウントオブジェクトを検索しません
  • 値を変更するこの方法は現在弊社のビジネスロジックをバイパスするため、カンバンビューで VOD フィールド値を変更します
  • 値を変更するこの方法は現在弊社のビジネスロジックをバイパスするため、パスを経由して VOD フィールドの値を変更します
  • 添付ファイルをファイルに移行
  • ファイル関連リスト
  • Lightning サービスコンソールはサポートされていません

Veeva 標準 Visualforce ページが予想する通りに機能しない場合、Visualforce ページ詳細のAvailable for Lightning Experience、Lightning コミュニティ、およびモバイルアプリ設定が選択されていないことを確認する必要があります。また、アップグレードの展開後には、未送信コールのビューモードで添付ファイルやファイルのみアップロードすることができます。詳細については、Lightning を使用して Veeva CRM で Salesforce ファイルを使用するをご覧ください。

Lightning Experience にあるデフォルトの Veeva CRM の組織全体ホームページは、Veeva によって定義されます。お客様は、さまざまなプロファイルにホームページをカスタマイズまたは再割り当てすることができます。Salesforce のドキュメントに関する詳細は、ホームページの有効化およびホームページの再割り当てを参照してください。また、お客様は既存の Salesforce Classic アプリを再作成またはアップグレードして Lightning で使用できるようにする必要があります。

Lightning Experience のルックアップフィールドに入力する際、レコードを作成する標準 +オプションが推奨オプションのドロップダウンリストに表示されます。このオプションを使用すると Veeva 定義ロジックを迂回し、作成されたレコードは必要なフィールド値を継承しません。Veeva 定義ロジック付きルックアップの詳細については、設定可能なルックアップフィルタとレイアウトをご覧ください。

Lightning 固有の機能

以下の機能は、ブラウザ (Lightning) のみで利用可能です:

アカウント

Approved Email

Approved Notes

Events Management

メディカル

医師からの問合せ

MyInsights

ネットワーク

テリトリーフィードバック

標準 Lightning コンポーネントの上書き

ユーザがアカウントおよび住所レコードのレコードタイプを編集および変更できるようにするには:

  1. 設定 > オブジェクトマネージャ > アカウント > ボタン、リンク、およびアクションに進みます。

  2. 標準ページに [編集] ボタンを表示するには、ドロップダウンから編集を選択します。

  3. Salesforce Classic の上書きのために Edit_Account_DCR_vod Visualforce ページを選択します。

  4. Lightning Experience の上書きのために c:EditAccountLgtnVod Lightning コンポーネントを選択します。

  5. 保存を選択します。

  6. 設定 > オブジェクトマネージャ > 住所 > ボタン、リンク、およびアクションに進みます。

  7. 標準ページに [編集] ボタンを表示するには、ドロップダウンから編集を選択します。

  8. Salesforce Classic の上書きのために Edit_Address_DCR_vod Visualforce ページを選択します。

  9. Lightning Experience の上書きのために c:EditAddressLgtnVod Lightning コンポーネントを選択します。

  10. 保存を選択します。