Lightning を使用して Veeva CRM で Salesforce ファイルを使用する

  • ブラウザ (Lightning)
  • iPad
  • iPhone
  • Windows タブレット

Salesforce ファイルを使用すると、ドキュメントの作成、整理、コラボレーションが簡単にできるようになります。ファイルには独自のバージョン管理とより包括的な共有設定があるため、ドキュメントと添付よりも柔軟性が高いです。

Veeva CRM は、ユーザが埋め込みブラウザーでオンラインになる場合を含め、iPad プラットフォームでのクラウドストレージアプリからの添付ファイルのアップロードをサポートしていません。

Lightning を使用した Veeva CRM では、以下の領域で Salesforce ファイルがサポートされています:

  • エンドユーザが、すべてのプラットフォームでメモと添付ファイル関連リスト経由でファイルを表示する場合
  • エンドユーザが、iPad、オンライン、Windows タブレットのプラットフォームでメモと添付ファイル関連リスト経由でファイルを作成する場合
  • ファイルとしてアップロードされた、Events Management の Concur インテグレーション処理の受領書
  • 管理者が、Events Management 講演者契約、印刷案内状、サインインシートのテンプレートをファイルとしてアップロードする場合
  • 管理者が、Events Management 講演者 CV をファイルとしてアップロードする場合
  • 管理者が、署名ページのリソースをファイルとしてアップロードする場合
  • 管理者が、CRM 画像リソースをアセットファイルとしてアップロードする場合

ファイル関連リストはサポートされていません。CRM の Lightning に関するディテールについては、Veeva CRM および Lightning を始めるをご覧ください。

例えば、Lightning Experience で管理者の Alice Adams がコール確認署名ページに新規画像をファイルとしてアップロードするとします。モバイルデバイスのユーザである Sarah Jones は、Clinton Ackerman 医師とのコールを記録し、Ackerman 医師の署名を取得します。そこでは、新規アップロードした画像を表示することができます。次に Sarah は、モバイルデバイスの添付関連リストを使用し、添付を作成して、自分の iPad カメラで撮影した写真をコールに添付します。Lightning Experience でSarah は、自分のノート PC に表示した際に、コールに添付した画像をオンラインで表示することができます。

モバイルデバイスに Salesforce ファイルを同期する

モバイルデバイスにファイルを同期するには、すべてのプラットフォームに対して以下のオブジェクトに VMOC が必要です。これらの VMOC はデフォルトで有効です:

  • ContentVersion
  • ContentDocument
  • ContentDocumentLink

ContentDocumentLink VMOC の WHERE 句は、LinkedEntityId フィールドのフィルタにのみカスタマイズ可能です。

Salesforce ファイルがモバイルデバイスへの同期が有効化されている場合、VMOC の「添付ファイルを含める」チェックボックスは、エンドユーザが表示権限を持つ関連付けられた Salesforce ファイルを同期します。例えば、既存のアカウント VMOC の「添付ファイルを含める」チェックボックスが選択されている場合、これらのアカウントレコードに関連付けられた Salesforce ファイルはモバイルデバイスに同期します。

添付ファイルをモバイルデバイスの Salesforce ファイルとしてアップロードするには、モバイルデバイスに Salesforce ファイルを添付を参照してください。

MyInsights のファイル

MyInsights ビジュアル表示に添付ファイルと Salesforce ファイルの両方を有効化して、モバイルデバイスで同期・表示するには:

  1. HTML_Report_vod オブジェクトの VMOC の添付ファイルを含めるチェックボックスを選択します。これにより、HTML_Report_vod レコードに関連するすべての添付ファイルとファイルが確実に同期します。
  2. HTML_Report_vod オブジェクト専用に作成された添付ファイルオブジェクトの VMOC を無効化し、かつ/または WHERE 句の HTML_Report_vod オブジェクトに関連するロジックを削除します。
  3. ContentDocumentLink オブジェクトの VMOC のメタデータ専用チェックボックスを選択します。

あるいは、WHERE 句にカスタム条件を定義することで、HTML_Report_vod レコードに関連付けられた添付ファイルおよび/または Salesforce ファイルのみを同期するには:

  1. HTML_Report_vod オブジェクトの VMOC の添付ファイルを含めるチェックボックスの選択を解除します。
  2. 添付ファイルおよび/または ContentDocumentLink オブジェクトの VMOC の WHERE 句に、HTML_Report_vod オブジェクトの zip ファイルを同期するロジックが含まれることを確認します。
  3. ContentDocumentLink オブジェクトの VMOC のメタデータ専用チェックボックスの選択を解除します。

契約テンプレートのファイル

契約テンプレートの Salesforce ファイルがモバイルデバイスに同期できるように、Contract_vod オブジェクトの VMOC の添付ファイルを含めるチェックボックスを選択します。

Salesforce ファイルの選択

Lightning では、ユーザはファイルを作成できますが、添付ファイルを表示することしかできません。ユーザに対して Lightning Experience を有効化したら、そのユーザは、自動的に添付ファイルではなくファイルを作成できるようになります。

管理者は、メモおよび添付関連リスト経由で以下のリソースをファイルとしてブラウザ (Classic) プラットフォームにアップロードすることができます:

バージョニングは Salesforce の主要なファイル機能であるため、管理者は、新規バージョンをアップロードすることで、Salesforce ファイルの旧バージョンを置き換える必要があります。

添付ファイルよりもファイルのほうが共有モーダルの柔軟性が高いため、エンドユーザがファイルに対する表示権限を有していることを確認します。管理者は、メモおよび添付関連リスト経由でアップロードされたファイルの共有設定がレコードごとに設定されていることを確認する必要があります。管理者は、[共有] ボタンを使用してアップロード済みファイルごとの表示権限を設定するか、Salesforce ファイルの全般設定経由ですべてのファイルの表示権限を設定することができます。

プロファイルベースの Chatter で設定された組織でファイルを使用するには、管理者はユーザに対して Chatter を有効化する必要がありますが、ユーザが Chatter の投稿ができないようにする必要があります。ユーザによる Chatter の投稿防止に関するディテールについては、Salesforce ヘルプをご確認ください。

ファイルの作成、共有、コラボレーションに関するディテールについては、Salesforce ファイルドキュメントをご覧ください。

アセットライブラリの使用

管理者は、ドキュメントタブではなくファイルタブから CRM 画像リソースをアセットライブラリにアップロードすることができます。

アセットファイルをアップロードするには:

  1. ファイルタブに進みます。
  2. ライブラリを選択します。
  3. アセットライブラリを選択します。
  4. アセットライブラリのアップロードを選択します。
  5. 適切なアセットファイル名を入力します。以下のロゴには特定のファイル名が必要です:
  6. アセットファイルを Salesforce 組織ユーザに利用可能にするチェックボックスを選択します。
  7. 保存を選択します。