データ変更申請の編集

ユーザが編集用にデータ変更申請を開き、データ変更申請フィールドをクリックしても変更しなかった場合、[送信] をクリックしてもデータ変更申請は作成されません。

データ変更申請フィールドがクリアされて (空白)、データ変更申請が送信された場合:

  • データ変更申請フィールドが必須である場合、ページのトップとフィールドの下に標準のエラーメッセージが表示されます (エラー: 値を入力する必要があります)
  • データ変更申請フィールドが必須ではない場合、ユーザはコンテンツをクリアすることができます。その場合、(空白) のデータ変更申請行が、そのフィールドの新しい値になります。

ユーザは [送信] をクリックする前に、必要に応じていくつでもデータ変更申請フィールドを編集することができます。

ステータスタイプ

CRM には 5 通りのステータスタイプがあります:

  • 新規 – データ変更申請がこの状態であるのは、ユーザがデータ変更申請データを修正している間だけです。新規ステータスのデータ変更申請は保存されません。新規ステータスのデータ変更申請を送信することは可能です。
  • 送信 – データ変更申請を Veeva Network に送信する準備が整っています。送信ステータスのデータ変更申請を修正したり、削除したりすることはできません。
  • 保留 – 保留ステータスのデータ変更申請は、Veeva Network へ送られています。保留ステータスのデータ変更申請を修正したり、削除したり、送信したりすることはできません。
  • 処理済み – データ変更申請が Veeva Network から CRM に引き戻されています。保留ステータスのデータ変更申請を修正したり、削除したり、送信したりすることはできません。
  • キャンセル済み – データ変更申請がキャンセルされ、処理されていません。

Network には 5 通りのステータスタイプがあります:

  • 新規 – データ変更申請が受信されていますが、処理されていません。
  • 確認待ち – データ変更申請が受信され、処理されましたが、確認待ちです。
  • 一部処理 – データ変更申請が部分的に処理されています。
  • 処理済み – データ変更申請が完全に処理され、結果が発行されています。
  • キャンセル済み – データ変更申請がキャンセルされました。

Lightning でのアカウントおよび住所のデータ変更申請の編集

  • ブラウザ (Lightning)

Veeva CRM Lightning Ready 組織の Lightning ユーザは、モバイルおよび Lightning アクションを使用してアカウントと住所のデータ変更申請を編集することができます。

アカウントおよび住所のデータ変更申請の編集ボタンの設定

管理者は、アカウントと Address_vod ページレイアウトに適切なボタンが表示されるように、Lightning Ready アップグレードをデプロイすることができます。詳細については、Veeva CRM および Lightning を始めるをご覧ください。

Lightning Ready アップグレードがデプロイされている場合、管理者は以下の処理を実行する必要があります:

  1. 適切なアカウントと Address_vod ページレイアウトに、EditAccountLgtnVodEditAddressLgtnVod モバイルおよび Lightning アクションを追加します。
  2. でぷろいess_vod オブジェクトの編集ボタンを更新して、c:EditAddressLgtnVod を Lightning エクスペリエンスの上書きとして使用します。