キーメディカルインサイトの禁止語句

  • ブラウザ (Classic、Lightning)
  • iPad
  • iPhone
  • Windows タブレット

管理者は、メディカルインサイトで使用できない語句を指定することができます。使用禁止語句は、文字列の部分一致または完全一致として指定できます。これにより、禁止すべき語句に対する制御性が向上し、不要な制約を最小限に抑えることができます。

例えば、Larry Lakes がキーメディカルインサイトを作成し、「副作用」という言葉を含めたとします。この会社の管理者はこの言葉を禁止しているため、Larry がメディカルインサイトを保存または送信しようとすると、エラーメッセージが表示されます。

キーメディカルインサイトの禁止語句の有効化

組織が Lightning を有効化している場合は、メディカルインサイト向け Lightning を参照してください。

この機能を有効にするには:

  1. ユーザに対してキーメディカルインサイトが設定されていることを確認します。

  2. Veeva メッセージタブを開きます。

  3. MEDICAL_INSIGHTS_RESTRICTED_WORDS Veeva メッセージを編集します。

  4. 文字列の完全一致にストレートの二重引用符 ("") を付けます。スマート引用符 (“”) はサポートされていません。文字列の部分一致に二重引用符は使用しないでください。

    例えば、Veeva メッセージの次のテキスト入力の場合: awesome;;"10 dollars"、単語「awesome」は文字列の部分一致、語句「10 dollars」は文字列の完全一致として設定されます。

スペース、改行、タブ、その他すべての空白は同様に扱われます。

句読点直後の文字列の完全一致は、特定の言語やプラットフォームに基づいて禁止されます。例えば、ブラウザおよび Windows タブレットプラットフォームは、句読点に続く完全一致を常に制限します。iPad プラットフォームでは、この制限は、デバイスの言語が常に単語に先行した句読点を含むかどうかに左右されます (例: スペイン語では単語の前に句読点の ¿ を使用)。

キーメディカルインサイトの複数の禁止語句を示す Veeva メッセージの有効化

管理者は、キーメディカルインサイトの使用禁止語句のリストを Veeva メッセージとして定義することができます。これにより、単一の Veeva メッセージの文字制限である 5,000 文字を超える禁止語句の一覧を作成することが可能になります。

この機能を有効にするには:

  1. 禁止語句の一覧を含むすべての適切な Veeva メッセージを作成します。

    Veeva メッセージは、名前、カテゴリおよび外部 ID フィールドを独自に組み合わせたものである必要があります。

  2. Medical_Insights_Restricted_Veeva_Messages_vod Veeva 設定に進みます。
  3. カンマで区切られたリストとして Veeva メッセージを入力します。この設定のすべての Veeva メッセージは同じカテゴリに属し、次の形式を使用する必要があります:

    [Name1],[Name2],[Name3];;[Category].

    例えば、以下は禁止語句の一覧について 3 つの Veeva メッセージを参照しています: RESTRICTED,RESTRICTED2,RESTRICTED_jp;;MI

使用されるすべての Veeva メッセージの [言語] フィールドは同じでなければいけません。

キーメディカルインサイトでの使用禁止語句の使用

ユーザがキーメディカルインサイトの概要または説明に使用禁止語句を入力したり、保存または送信を選択すると、エラーメッセージが表示されます。その使用禁止語句を削除するか他の言葉に置き換えなければ、保存または問合せの送信を行うことはできません。