リモート CLM を表示する

  • iPad

リモート CLM により、HCP が Engage 以外の対面会議や電話などのコール中に自身のデバイスで CLM コンテンツを閲覧できます。リンクの詳細は、ソーシャルメッセージアプリ、口頭、または QR コードなどを使って HCP と共有します。リンクを選択すると、HCP はアプリをインストールすることなく、ブラウザで CLM のコンテンツを閲覧できます。

リモート CLM 用の CLM コンテンツは、参加者アカウントの制限されたコール制限された製品許可された製品、およびセグメンテーションを尊重します。

例えば、Sarah Jones が Ackerman 医師とコールで話していて、Cholecap の有効性に関する情報を医師と共有したいと考えているとします。彼女は iPad でリモート CLM リンクを作成し、iMessage を使って Ackerman 医師と詳細を共有します。Ackerman 医師がリンクを選択すると、携帯電話のブラウザが起動し、コンテンツプレーヤーが表示されます。Sarah は iPad でプレゼンテーションを実施し、Ackerman 医師は携帯電話で同じ内容を閲覧しています。終了後、Sarah は CLM アクティビティを含む CLM コンテンツを閲覧した情報を、Ackerman 医師のコールレポートに関連付けます。

リモート CLM を設定する

エンドユーザがリモート CLM リンクを作成できるようにする:

  1. CLM インテグレーションユーザに以下の権限を付与します:

    オブジェクト

    OLS

    レコードタイプアクセス

    フィールド

    FLS

    CLM_Presentation_vodAllow_Remote_CLM_vod編集

    Message_Activity_vod

    CRU

    Vault_Activity_vod

    • Sent_Message_vod
    • Vault_Document_Id_vod
    • Vault_Document_Major_Version_vod
    • Vault_Document_Minor_Version_vod
    • Vault_Doc_Name_vod
    • Vault_Document_Number_vod
    • Vault_Document_Title_vod
    • Vault_Domain_vod

    編集

    Sent_Message_vod

     

    CRU

     

    Content_vod

     

    • Account_vod
    • Call_vod
    • Capture_Datetime_vod
    • Clm_Presentation_vod
    • Detail_Group_vod
    • Details_vod
    • Engage_Link_vod
    • Key_Message_vod
    • Message_Config_Values_vod
    • Mobile_ID_vod
    • Opened_vod
    • Product_vod
    • Sent_Datetime_vod
    • Sent_From_Platform_vod
    • Sent_Phrase_vod
    • Sent_Via_vod
    • Shortened_Engage_Link_vod
    • To_vod
    • Transaction_Type_vod
    • User_vod
    • VExternal_Id_vod

    編集

    • Clicked_vod
    • Click_Count_vod
    • Downloaded_vod
    • Download_Count_vod
    • Viewed_vod
    • View_Count_vod
    読取り
  2. Engage 処理後インテグレーションユーザに以下の権限を付与します:

    オブジェクト

    OLS

    レコードタイプアクセス

    フィールド

    FLS

    Message_Activity_vod

    CRU

    Message_Activity_vod
    • Activity_vod
    • Activity_Datetime_vod
    • Client_Device_vod
    • Client_Name_vod
    • Client_OS_vod
    • Client_Type_vod
    • IP_Address_vod
    • Sent_Message_vod
    • User_Agent_vod

    編集

    Sent_Message_vod

    CRU

    Content_vod

    • Account_vod
    • Call_vod
    • Capture_Datetime_vod
    • Clm_Presentation_vod
    • Detail_Group_vod
    • Details_vod
    • Engage_Link_vod
    • Key_Message_vod
    • Message_Config_Values_vod
    • Mobile_ID_vod
    • Opened_vod
    • Product_vod
    • Sent_Datetime_vod
    • Sent_From_Platform_vod
    • Sent_Phrase_vod
    • Sent_Via_vod
    • Shortened_Engage_Link_vod
    • To_vod
    • Transaction_Type_vod
    • User_vod
    • VExternal_Id_vod

    編集

    • Clicked_vod
    • Click_Count_vod
    • Downloaded_vod
    • Download_Count_vod
    • Viewed_vod
    • View_Count_vod
    読取り
  3. エンドユーザに以下の権限を付与します:

    オブジェクト

    OLS

    レコードタイプアクセス

    フィールド

    FLS

    Call2_vod

    • Remote_CLM_ID_vod
    • Remote_CLM_Participant_URL_vod
    • Remote_CLM_Presenter_URL_vod
    • Remote_CLM_UUID_vod

    編集

    Call2_Key_Message_vod

    Share_Channel_vod

    編集

    CLM_Presentation_vod

    Allow_Remote_CLM_vod

    読取り

    Message_Activity_vod

    R

    • Activity_vod
    • Activity_Datetime_vod
    • Client_Device_vod
    • Client_Name_vod
    • Client_OS_vod
    • Client_Type_vod
    • IP_Address_vod
    • Sent_Message_vod
    • User_Agent_vod

    読取り

    Sent_Message_vod

    CRU

    Content_vod

    • Account_vod
    • Call_vod
    • Capture_Datetime_vod
    • Clm_Presentation_vod
    • Detail_Group_vod
    • Details_vod
    • Engage_Link_vod
    • Key_Message_vod
    • Message_Config_Values_vod
    • Mobile_ID_vod
    • Opened_vod
    • Product_vod
    • Sent_Datetime_vod
    • Sent_From_Platform_vod
    • Sent_Phrase_vod
    • Sent_Via_vod
    • Shortened_Engage_Link_vod
    • Status_vod
    • To_vod
    • Transaction_Type_vod
    • User_vod
    • VExternal_Id_vod

    編集

    • Clicked_vod
    • Click_Count_vod
    • Downloaded_vod
    • Download_Count_vod
    • Viewed_vod
    • View_Count_vod
    読取り
  4. Sent_Message_vod オブジェクトの以下のフィールドの選択リストの値を、利用可能なすべてのレコードタイプで有効にします:
    • Sent_Via_vod
    • Transaction_Type_vod
  5. [設定] > [カスタムコード] > [カスタム設定] > [Engage Link 設定]に移動します。
  6. 新規を選択します。
  7. 以下の Engage リンクの設定を適切に入力します:
    • ENGAGE_LINK_ACCOUNT_SELECTION_vod – ウェブリンクを送信する前に、ユーザがアカウントを選択する必要があるかどうかを決定します。以下のいずれかの値を入力します:
    • 0 – ユーザはアカウントを選択する必要があります。これは初期値です。
    • 1 – ユーザはアカウントを選択できません.共有オプションを選択後、ユーザは受信者がまだ追加されていない場合、選択することができます。
    • ENGAGE_LINK_APPS_vod – ENGAGE_LINK_APPS;;EngageLink Veeva Message を参照します。Veeva Message のリストを編集し、ユーザがアカウント付きウェブサイトリンクを送信する際に利用できる共有オプションの数および順序を制御します。有効な値は以下の通りです:
    • メッセージ
    • WhatsApp
    • 品目
    • EngageConnect
    • CopyURL (QR コードを含む)

    App1;;App2 の形式を使用してリストを入力します。

  8. 以下のオブジェクトに対して、適切な VMOCs が有効であることを確認します:
    • 以下の where 句がある Sent_Message_vod
    • WHERE (Account_vod__r.Name != NULL AND CreatedDate>=LAST_N_DAYS:90)
    • Multichannel_Activity_vod
    • Engage_Link_Settings_vod

Sandbox CRM 組織でリモート CLM 機能をテストするには、管理者は Sandbox 組織を Engage Sandbox にも接続する必要があります。

Vault 内のリモート CLM コンテンツの有効化

Vaultから同期された CLM プレゼンテーションをリモート CLM で共有できるようにするために、Vault のコンテンツ管理者が、CRM に公開 (リモート CLM)(publish_for_veva_crm_remote_clm__v) フィールドがプレゼンテーションで選択されていることを確認する必要があります。このフィールドは、CRM のCLM_Presentation_vod オブジェクトの Allow_Remote_CLM_vod フィールドに対応し、プレゼンテーションのリモート CLM を開始するボタンがユーザに表示されるかどうかを決定します。コンテンツ管理者は、既存の自動公開コンテンツを再公開するために、Veeva CRM に公開(CLM)フィールドの選択を解除して保存し、再度選択する必要があります。

CRM で、CLM 統合ユーザが CLM 管理者コンソールで Vault と CRM の間のフィールドマッピングを更新する必要があります。詳細はVault からフィールドをマッピングするを参照してください。

リモートCLMコンテンツガイドライン

自動公開コンテンツ、バインダーおよびスライド、[プレゼンテーションの作成] で作成されたコンテンツなど、Vault から公開されたコンテンツのみがサポートされます。以下のコンテンツパッケージングフォーマットがサポートされています:

以下のコンテンツパッケージングフォーマットは、サポートされていません。

  • PowerPoint
  • AR
  • PDF、プレゼンテーションに PDF ファイルや PDF スライドが含まれる
  • 共有リソース

HTML コンテンツ内の外部リンクはサポートされていません。ユーザが外部リンクを選択してブラウザを起動した場合、参加者にブラウザのウィンドウが表示されません。

SMS および WhatsApp 電話番号の定義

管理者は、アカウントの SMS および WhatsApp の電話番号を定義することができます。これにより、ユーザがメッセージおよび WhatsApp を使用してアカウントにリンクを送信する際に、受領者の電話番号が自動入力されます。

  1. エンドユーザに アカウントオブジェクトの以下のフィールドに対する FLS 参照権限を付与します:
    • SMS_vod
    • WhatsApp_vod
    • WhatsApp には iPad アプリがないため、WhatsApp Web は iPad プラットフォームのブラウザで起動します。Veeva は WhatsApp Web の動作を制御しません。

  2. 適切なアカウントレコードに移動します。
  3. 編集を選択します。
  4. SMS_vod または WhatsApp_vod フィールドに入力します。
  5. 電話番号は、国番号を含む数字のみ (記号は不可) で、11234567890 のように先頭の「0」を含まないものである必要があります。

リモート CLM の開始

ユーザは、以下のエントリポイントにあるその他のアクションボタンからプレゼンテーションのリモート CLM を開始できます:

  • メディアライブラリのプレゼンテーションサムネイル
  • プレゼンテーション用スライドライブラリ
  • プレゼンテーションの特定スライド
  • 標準的な検索結果に表示されるプレゼンテーション。高度テキスト検索には対応していません。

リモート CLM を開始するには、ユーザがインターネットに接続できる状態である必要があります。

リモート CLM コンテンツを起動し、共有する:

  1. その他のアクションボタンをクリックします。

  2. プレゼンテーションの共有を選択します。このボタンは、CLM_Presentation_vod レコードの Allow_Remote_CLM_vod フィールドが選択されている場合のみ表示されます。
  3. 該当する場合は、適切な参加者アカウントを選択します。ENGAGE_LINK_ACCOUNT_SELECTION_vod エンゲージリンク設定により制御されます。

  4. 適切な共有オプションを選択するか、ID を含むリンクの詳細を参加者と口頭で共有し、CLM プレゼンテーションの閲覧を開始できるようにします。

    ユーザは、一度に1人の参加者にしかリンクの詳細を共有できません。

Engage Meeting 中に、ユーザがリモート CLM を開始することはできません。

最初のスライドが読み込まれると共有が始まり、ユーザがプレゼンテーションのスライドライブラリを表示すると一時停止します。

動画スライドを共有する際、ユーザは動画を再生するためのポップアップメッセージを選択する必要があります。

コンテンツ共有時にリンクの詳細を共有するには、メディアプレーヤーまたはスライドソーターでその他のアクションボタンを選択し、プレゼンテーションを共有を選択します。

会議リボンから参加者ボタンを選択すると、ユーザを含む参加者が表示されます。

リモート CLM に参加または離脱する際に、通知が表示されます。

リモート CLM 中にプレゼンテーションを切り替える:

  1. スライドソーターボタンを選択します。
  2. プレゼンテーションを探すを選択すると、メディアライブラリが表示されます。
  3. 適切なプレゼンテーションを探す、または検索します。
  4. 共有するプレゼンテーションを選択します。

リモート CLM の終了

ユーザは、会議リボンの終了ボタンを選択し、確認ポップアップで終了を選択するか、その他のアクションメニューで完了を選択することで、CLM コンテンツの共有を停止できます。

リモート CLMは、ユーザが機器の画面を操作しない状態が 5 分間続くと自動的に終了します。コンテンツ表示を停止するための確認ポップアップが表示され、ユーザは終了するまでに 60 秒間、再びアクティブになります。

リモート CLM を終了してもリンクは失効しないため、ユーザは同じリンクの詳細で再び HCP と CLM コンテンツを共有できます。ユーザは、前回のリモート CLM アクティビティに関連するコールレポートからメディアライブラリを起動し、適切なプレゼンテーションのリモート CLM を開始する必要があります。リンクの有効期限は、直近に終了したリモート CLM の活動から 2 時間後です。

プレゼンテーションを共有する前に、追跡されたリモート CLM アクティビティを関連付けるアカウントを選択していない場合、ユーザはそのアカウントを選択するよう促されます。

コールを作成し、リモート CLM の終了を確認した後、コールレポートの CLM 詳細セクションが表示され、ユーザはアクティビティを確認できます。追跡された各コールキーメッセージの Share_Channel_vod フィールドには、Remote_CLM_vod のスタンプが押されます。

リモート CLM を追跡する

ユーザが共有オプションを選択して、参加者と一緒にリモート CLM の詳細を送信すると、Sent_Message_vod レコードが作成され、次の情報がスタンプされます:

フィールド

レコードタイプ

Content_vod

アカウント

参加者アカウントへのルックアップ

ユーザ

セッションの詳細を送信したユーザへのルックアップ

Engage Link

参加者 URL.セッションに関連する Call2_vod レコードがある場合、このリンクはレコードの Remote_CLM_Participant_URL_vod フィールドにもスタンプされます。

短縮された Engage Link

参加者の短縮 URL

取得日時

ユーザが共有オプションを選択した日時

送信元プラットフォーム

iPad_CRM_vod

共有方法

セッションの詳細を送信するために使用するアプリ:

WhatsApp_vodLine_vodMessages_vodCopy_URL_vod (QR コードを含む)

トランザクションタイプ

Remote_CLM_Link_vod

コール

関連する Call2_vod record

モバイル ID

システムで生成された ID

VExternal ID

参加者の短縮 URLの一意な識別子