CRM デスクトップアプリ内の [後で保存する] CLM アクティビティの追跡

  • CRM デスクトップ (Mac、Windows)

ユーザは、オンラインコールレポートから開始するという依存関係なしに、CLM プレゼンテーション活動の追跡を迅速に開始できます。ユーザは Veeva CRM Desktop アプリで直接コールモードを開始でき、プレゼンテーションビューで提示されたスライドを追跡し、コールモードが終了すると追跡された CLM アクティビティがオンラインで同期し、ユーザは後で通話と照合できます。

ユーザは、Save for Later (後で行う) アクティビティを追跡するために、アクティブなインターネット接続を必要としません。

ユーザは、ブラウザ (Lightning) またはiPadのプラットフォーム上で、未割り当てのプレゼンテーションを表示し、後でアクティビティにコールを関連付けることができます。

例えば、Sarah Jones は Newton Memorial Hospital を訪れた際、Clinton Ackerman 医師と出会い、Cholecap の話を始めます。彼女はメディアライブラリからプレゼンテーションを起動し、プレゼンテーションビューに表示します。アプリは Save for Later コールモードを開始し、アクティビティのトラッキングを開始します。議論が終わると、Sarah はコールモードを終了し、アクティビティはオンラインで同期されます。後で Sarah は Lightning でマルチチャンネルアクティビティタブに移動し、Save for Later コール用に Multichannel_Activity_vod レコードを選択します。彼女がレコードを Ackerman 医師を対象にしたコールに変換すると、適切なコールレコードが作成され、コールレポートとアクティビティが関連付けられます。

後で保存 CLM アクティビティ追跡の設定

後で保存追跡を有効にします:

  1. Veeva CRM デスクトップアプリでの CLM プレビューアクティビティの追跡が設定されていることを確認します。
  2. CLM_SAVE_FOR_LATER_VOD権限セットをコピーして、適切なユーザに割り当てます。または、エンドユーザに以下の権限を付与します:

    オブジェクト

    OLS

    レコードタイプ

    フィールド

    FLS

    Call2_vod

    CRU

    • Account_vod
    • Call_Datetime_vod
    • CLM_vod
    • Detailed_Products_vod
    • Duration_vod (オプション)
    • Owner
    • Parent_Call_vod
    • RecordType
    • Status_vod
    • Territory_vod

    編集

    • Is_Parent_Call_vod (オプション)
    • 名前

    参照

    Call2_Detail_vod

    CRU

    • Call2_vod
    • Detail_Group_vod
    • Detail_Priority_vod
    • Product_vod
    • Type_vod

    編集

    Call2_Key_Message_vod

    CRU

    • Account_vod
    • Call2_vod
    • Call_Date_vod (オプション)
    • CLM_ID_vod
    • CLM_Presentation_Name_vod
    • CLM_Presentation_Version_vod (オプション)
    • Detail_Group_vod
    • Display_Order_vod
    • Key_Message_Name_vod
    • Presentation_ID_vod
    • Segment_vod (オプション)
    • Share_Channel_vod (オプション)
    • User_vod

    編集

    名前

    参照

    Multichannel_Activity_Line_vod

    Segment_vod

    編集

    Multichannel_Activity_vod

    • Call_vod
    • Saved_for_Later_vod

    編集

  3. 適切なエンドユーザプロファイルの全般ユーザ権限セクションでフローを実行チェックボックスを選択します。

後で保存 CLM アクティビティの追跡

ユーザがメディアライブラリから直接プレゼンテーションビューにプレゼンテーションを表示すると、Save for Later コールモードが開始され、CLM アクティビティが Multichannel_Activity_vod および Multichannel_Activity_Line_vod レコードで追跡され、Call2_vodレコード と関連付けられないという問題があります。CLM アクティビティを追跡するための条件については、CLM キーメッセージの追跡を参照してください。

Save for Later アクティビティの追跡は、Multichannel_Activity_vod と Multichannel_Activity_Line_vod レコードの次の情報にスタンプを付けます:

  • Multichannel_Activity_vod:
  • Media_Preview_vod = False
  • Saved_for_Later_vod = True
  • Multichannel_Activity_Line_vod:
  • Share_Channel_vod = Face_to_Face_vod

    iPad プラットフォームで作成した Save for Later コールでは、Share_Channel_vod がスタンプされません。

CLM プレビューアクティビティの追跡

後で保存する CLM アクティビティの追跡を有効にすると、プレゼンテーションビューのデフォルトの追跡としてCLM プレビューの追跡が上書きされますが、ユーザはプレゼンテーションウィンドウのスライドショーの開始ドロップダウンボタンからプレビューを選択して、CLM プレビューのアクティビティを追跡できます。

プレビューアクティビティをトラッキングすると、Multichannel_Activity_vod レコードに以下の情報がスタンプされます:

  • Media_Preview_vod = True
  • Saved_for_Later_vod = False

プレビュートラッキングは、ユーザが何らかのコールを開始した時点で終了します。