アカウントをトラッキングされた CLM 活動に関連付ける

  • iPad
  • Windows タブレット

ユーザが CLM コンテンツを表示すると、活動のアカウントを選択せずにメディアプレーヤーを終了しても、その CLM 活動が保存されます。ユーザは、トラッキングされた CLM 活動を表示し、後からアカウントを活動に関連付けることができます。これにより、コール中にプレゼンテーションをアカウントに関連付ける必要がなくなります。

後で保存 CLM アクティビティを Veeva CRM デスクトップアプリで追跡する方法については、CRM デスクトップアプリ内の [後で保存する] CLM アクティビティの追跡を参照してください。

例えば、Sarah Jones は Clinton Ackerman 医師とのコール中に、CLM コンテンツをプレゼンテーションするとします。表示したコンテンツを保存して、それを後から医師のアカウントに関連付けることができるため、会議の途中で中断して作業を行う必要がありません。会議終了後、Sarah はマイスケジュールの関連付けされていない CLM 活動を確認して、Ackerman 医師のアカウントに関連付けることができます。

アカウントを保存された CLM 活動の設定

この機能を有効化する前に初期設定を完了させておきます。

この機能を有効化するには:

  1. CLM 活動を匿名でトラッキングするが設定されていることを確認します。
  2. エンドユーザに以下の権限を付与します。

    オブジェクト

    OLS

    レコードタイプ

    フィールド

    FLS

    Multichannel_Activity_vod

    CRU

    CLM_vod

    • Call_vod
    • Saved_For_Later_vod

    編集

  3. 以下の推奨される WHERE 句で Multichannel_Activity_vod VMOC を更新します。
    • Engage for Portals/CoBrowse なしの場合:
      • WHERE (OwnerID = @@VOD_SF_USER_ID@@ AND RecordTypeId = @@VOD_RECORDTYPE_ID:Multichannel_Activity_vod__c.CLM_vod@@ AND Saved_For_Later_vod__c = true)
    • Engage for Portals/CoBrowse を使用する場合:
      • WHERE ((Start_DateTime_vod__c>=LAST_N_DAYS:30 AND Account_vod__r.Name != null AND RecordTypeId IN (@@VOD_RECORDTYPE_ID:Multichannel_Activity_vod__c.Engage_vod@@, @@VOD_RECORDTYPE_ID:Multichannel_Activity_vod__c.Cobrowse_vod@@)) OR (OwnerID = @@VOD_SF_USER_ID@@ AND RecordTypeId = @@VOD_RECORDTYPE_ID:Multichannel_Activity_vod__c.CLM_vod@@ AND Saved_For_Later_vod__c = true))
    • 多数のレコードに対するクエリ、または多数のレコードを返すためのクエリのカスタマイズは、クエリの機能が低下したり、クエリに失敗したりしてしまう原因となる場合があります。極端な場合には、不良クエリを実行するユーザが多数発生してしまうことで、SFDC がお客様の組織をシャットダウンしてしまう原因となる場合があります。利用予定の VMOC のパフォーマンスを検証するには、SFDC クエリプランツールで確認してください。詳細は、効率的なクエリを実現するための SFDC の一般ガイドラインを参照してください。

トラッキングした CLM 活動の保存

メディアプレーヤーのアクションメニューに「後で使用するために保存」が表示されます。これにより、現在の CLM セッションを後で使用するために保存して、新たにセッションを開始することができます。Save for Later アクティビティをトラッキングすると、Multichannel_Activity_vod レコードに以下の情報がスタンプされます:

  • Media_Preview_vod = False
  • Saved_for_Later_vod = True

Share_Channel_vod フィールドは Multichannel_Activity_line_vod レコードでスタンプされません。

「後で使用するために保存」は、教育訓練プレゼンテーションのアクションメニューには表示されません。

保存した CLM 活動とアカウントの関連付け

保存した CLM 活動を表示してアカウントに関連付けるには、管理者は CLM_vod レコードタイプにマルチチャネル活動を設定して、マイスケジュールの週ビューおよびアジェンダビューに表示させることができます。

  1. ENABLE_NEW_IPAD_CALENDAR_vod Veeva 設定のチェックボックスを有効化します。
  2. 以下のいずれかあるいは両方の Veeva 設定を有効化します:
    • ENABLE_CALENDAR_AGENDA_VIEW_vod
    • ENABLE_CALENDAR_WEEK_VIEW_vod

保存した CLM 活動は、マイスケジュールで未割り当てのプレゼンテーションとして表示されます。未割り当てのプレゼンテーションをマイスケジュールのアカウントと関連付ける方法は 2 通りあります。

  • アカウントを選択してコールを作成する
  • 既存のコールを選択すると、そのコールのアカウントが保存した CLM 活動に自動的に関連付けされる

アカウントを選択して未割り当てのプレゼンテーションのコールを作成するには:

  1. マイスケジュールに進みます。
  2. 未割り当てのプレゼンテーションを選択します。
  3. その他の操作ボタンをクリックします。

  4. アカウント選択を選択します。
  5. 適切なアカウントを選択して、指示に従ってコールを作成します。

未割り当てのプレゼンテーションを既存のコールに関連付けるには:

  1. マイスケジュールに進みます。
  2. 未割り当てのプレゼンテーションを選択します。
  3. その他の操作ボタンをクリックします。

  4. コールの選択を選択します。

    ユーザに、未割り当てのプレゼンテーションと同じ日に予定コールも保存済みコールもない場合は、アクションメニューにコールの選択オプションは表示されません

  5. 適切なコールを選択して、コールレポートを完了します。

コールを選択した後に [キャンセル] を選択すると、コールが元に戻され、未割り当てのプレゼンテーションはマイスケジュールで未割り当てのままになります。

固有参加者が有効化され、ユーザが未割り当てのプレゼンテーションのグループコールを選択すると、参加者一覧が表示されます。ユーザは、複数の参加者を選択するか、あるいは参加者としてアカウントを追加することができます。ユーザが参加者を選択すると、適切なキーメッセージとその他の関連情報が参加者にコピーされ、グループコール画面が表示されます。

未割り当てのプレゼンテーションを破棄するには:

  1. マイスケジュールに進みます。
  2. 未割り当てのプレゼンテーションを選択します。
  3. その他の操作ボタンをクリックします。
  4. 破棄を選択します。

ユーザがアクティビティを破棄する際、コールセッションフィールドの選択が解除され、ポップアップが閉じ、マイスケジュールがリフレッシュされ、関連付けされていないプレゼンテーションがカレンダーから削除されます。