Approved Email の同意書の取得

  • ブラウザ (Classic、Lightning)
  • iPad
  • Windows タブレット

お客様は、Approved Email のオプトイン機能を同意書取得と置き換えることができます。メールオプトインは、グローバルオプトイン同意書を取得しますが、同意書取得を使うと、異なるレベルの HCP からオプトインとオプトアウト両方の同意書を取得することができます (例: 特定の製品またはコンテンツタイプについて、CLM またはカスタムチャネルなどの異なるチャネルについて)。メールオプトインおよび同意書取得は同時に使用できません。

Approved Email の同意書取得は、同意書項目レコードのサブチャネルをサポートしません。

例えば、Verteo Biopharma が、Cholecap のみについて Approved Email および SMS の同意書を取得したいと考えているとします。管理者は、Verteo Biopharma の担当者による同意書取得を許可し、Cholecap 用に Approved Email および SMS の同意書を取得できるようにします。

Approved Email の同意書取得の設定

前提条件

Approved Email が設定されていることを確認します。

モバイルデバイスのメールオプトインボタンを非表示にするには:

  1. 開発 > カスタム設定 > Approved Email 設定に進みます。
  2. マージを選択します。
  3. 編集を選択します。
  4. APPROVED_EMAIL_CONSENT_MODE_vod Approved Email 設定に値「1」を入力します。
  5. 保存を選択します。

Approved Email のコンテンツタイプを設定するには:

  1. 以下の権限を付与して、フィールドを適切なページレイアウトに追加します:
  2. オブジェクト

    フィールド

    同意書管理者/インテグレーションユーザ

    エンドユーザ

    Consent_Header_vod

    Approved_Email_Consent_Level_vod

    FLS 編集

    FLS 参照

    Sent_Email_vod

    Content_Type_vod

    FLS 編集

    FLS 編集

  3. Approved_Email_Consent_Level_vod フィールドのすべての選択リスト値が有効化されていることを確認します。
  4. Content_Type_vod オブジェクトに VMOC の完全同期を有効化します。

インテグレーションユーザは、Vault から CRM に Approved Email テンプレートを同期する必要があります。正常に同期させるには、以下の条件を満たしている必要があります:

  • 同じ外部 ID を持つ対応するコンテンツタイプレコードが CRM と Vault 両方に存在する
  • Approved Email の管理者ページからの CRM-Vault マッピングが更新されている
  • Approved Email の管理者ページの Vault ログイン認証情報管理セクション下でマップの表示を選択する
  • Approved_Document_vod レコードが Vault に Content_Type_vod レコードを含んでいる
  • コンテンツタイプが 1 つのみ Vault のメールテンプレートに関連付けられる
  • メールテンプレートに対するエンドユーザの表示権限が製品カタログによって制御されている (マイセットアップ)
  • 対応するコンテンツタイプレコードは、CRM と Vault で管理される必要があります。詳細は、コンテンツタイプオブジェクトおよびドキュメントフィールドをご確認ください。

製品は、引き続き Vault でコンテンツの割り当てを制御し、さらに統合と同期目的に必要です。

Approved Email の同意書の取得

同意書管理者は、Approved_Email_vod レコードタイプを使用して同意書タイプレコードを作成します。詳しくは、同意書タイプの作成をご確認ください。製品およびコンテンツタイプに同意書項目を定義するには、同意書項目の作成をご覧ください。

コンテンツタイプの同意書を取得するには、適切な同意書ヘッダーレコードに進み、Approved_Email_Consent_Level_vod フィールドに Content_Type_vod の値を選択します。

Approved Email チャネルには、同じレコードタイプの同意書項目しかありません。例えば、Cholecap 同意書項目がある場合、同意書管理者はコンテンツタイプの同意書項目を作成できず、他の製品の同意書項目しか作成できません。

ユーザは、同意書を承諾しない HCP に Approved Email を送信できません。ユーザが、Approved Email の受信にオプトインしていない HCP に Approved Email を送信しようとすると、[送信] ボタンは使用できず、受領者には「選択の希望を変更する」ためのリンクが表示されます。リンクを選択すると、直接アカウントの同意書取得画面に進みます。同意書を取得した後に、ユーザは自動的にメールの送信画面に戻ります。