コール予約サポートの有効化

  • ブラウザ (Classic)

ユーザがコール実行に完全に集中できるようにするため、一部の組織では、コールのスケジューリングおよびプランニングを処理する予約担当エージェントを認可しています。コール予約サポートでは、指定されたユーザ (予約担当エージェント) がコールタブから他のユーザのためにコールを計画し、割り当てることができます。

例えば、Sarah Jones は Verteo Biopharma のエンドユーザです。予約担当エージェントが Sarah のスケジュールとターゲットとなるアカウントのリストを確認し、その中には Ackerman 医師のアカウントも含まれていました。予約担当エージェントは Ackerman 医師のオフィスに連絡を取り、午後2時に Sarah の訪問を設定します。マイスケジュールから、予約担当エージェントが午後 2 時に Ackerman 医師とのコールを予約し、Sarah にコールを割り当てます。Sarah のスケジュールにコールが表示され、Ackerman 医師と約束の時間に簡単に会うことができました。

Engage Meeting のコール予約サポートまたはカレンダーの共有機能による予約については、予約担当エージェントを参照してください。

コール予約は、ユニークアクティビティが有効なグループコールには対応していません。

予約担当エージェントのコール予約サポートの設定

この機能を有効化する前に初期設定を完了させておきます。

コール予約サポートを有効化する方法:

  1. 予約担当エージェントに Call2_vod オブジェクトの以下のフィールドに対する FLS 編集権限を付与します:
    • Assigner_vod
    • Assignment_Datetime_vod
    • Status_vod

    これらのフィールドに対して、他のユーザにいかなるレベルの FLS も許可しません。

  2. Call2_vod オブジェクトにカスタムフィールドルックアップを作成し、ユーザオブジェクトのフィールド (例えば、名前、ユーザ名、Alias フィールド) に接続することで、予約担当エージェントがコールの将来の所有者を示すことができます (任意の作業)。
  3. エンドユーザに Call2_vod オブジェクトの Status_vod フィールドに対する FLS 参照権限が付与されていることを確認します。
  4. エンドユーザに割り当てられた Call2_vod ページレイアウトに Status_vod フィールドがあることを確認します。
  5. Call2_vod オブジェクトに別の予約担当エージェントページレイアウトを作成し、予約担当エージェントに割り当てます。
    • Status_vod フィールドが Call2_vod オブジェクトの予約担当エージェントページレイアウトにあることを確認します。これにより、予約担当エージェントはコールが計画中の状態でも、コール予約の変更や詳細の保存を実行し、適切なユーザへコールを転送できます。
    • ユーザオブジェクトにカスタムルックアップフィールドを作成した場合、そのルックアップフィールドを予約担当エージェント用の Call2_vod レイアウトにも追加します。
  6. 予約担当エージェントのコールリストビューに、割り当てボタンを追加します。
    • セットアップで Salesforce Classic の検索レイアウトに移動します。
    • Call2_vod オブジェクトの該当するリストビュー/検索結果レイアウトの編集を選択します。
    • 選択されたボタンリストに割り当てボタンを追加します
    • 保存を選択します。
  7. 予約担当エージェントに Call_Booking_vod Visualforce ページへのアクセス権限を付与します。
  8. 予約エージェントに VOD_CALL_BOOKING Apex クラスに対するアクセス権限を付与します。
  9. 予約担当エージェント用のコールタブを作成または公開します。
  10. コールタブにリストビューを作成し、予定ステータスのコールのみを表示させます。これにより、予約担当者は簡単にコールを選択し、割り当てることができるようになりました。

コール予約サポートによるコールのスケジューリング

コール予約サポートで通話を予約し、割り当てる方法:

  1. マイスケジュールビューを使用したコールのスケジュール
    • Call2_vod オブジェクトからユーザオブジェクトへのカスタムルックアップフィールドを作成した場合、ルックアップフィールドを使用して、コールの将来の所有者を選択します。
  2. コールタブに進みます。
  3. コールをユーザ別にソートして、コールを簡単に一括で割り当てることができます (任意の作業、ユーザオブジェクトへのカスタムルックアップフィールドが構成されている場合のみ利用可能)。
  4. 他のユーザに転送するコールに該当するチェックボックスを選択します。親コールに関連する子コールがある場合、必ず親コールと関連するすべての子コールを選択します。

    予定ステータスのコールのみ割り当てが可能です。保存済みおよび送信済みのステータスのコールは、割り当てることができません。

  5. 割り当てを選択します。

  6. 割り当て先フィールドから、適切なユーザを検索して選択します。

  7. 保存を選択して、選択したユーザをコール所有者にします。

割り当てられると、コールの所有権は選択されたユーザに移されます。このコールは、新規所有者のマイスケジュールのカレンダーに表示され、通常通り編集や削除が可能です。

コールの削除は、コールの所有者だけが実行できます。コールを削除するには、ユーザは Call2_vod オブジェクトの [OLS を削除] を有している必要があります。

関連トピック