Approved Email 活動のトラッキング

  • iPad
  • ブラウザ (Classic)
  • Windows タブレット

エンドユーザとコンテンツ管理者は、送信済み Approved Email から生成された活動をトラッキングし、受領者が最も頻繁にアクセスした活動やコンテンツの種類に関するインサイトを得ることができます。Approved Email 活動のトラッキングを使うと、エンドユーザは、送信済みメールの有効性を確認し、アカウントごとの関係に最適な送信動作を調整することができます。コンテンツ管理者は、Approved Email 活動を確認し、Approved Email コンテンツが受領者によってどのように使用されているかを理解することができるため、コンテンツの最適化につながります。

メール活動は以下のオブジェクトを使用してトラッキングされます:

  • Sent_Email_vod - 送信済みメールは、正常に送信された、またはスケジュールされた Approved Email ごとに生成されます。送信済みメールには、メールに生成された HTML コンテンツを参照しているため、エンドユーザおよび管理者は、メールの実際の送信済みコンテンツを素早く確認することができます。
  • Email_Activity_vod - メール活動レコードは、活動が送信済みメールで記録されると必ず生成されます。これらのレコードは、Sent_Email_vod レコードと関連付けられます。送信済みメールは、多くのメール活動を参照することができますが、各メール活動は 1 つの送信済みメールにしか関連付けられません。

特記事項

iOS HCP Engage アプリへのユニバーサルリンクに対応するため、以下のトークンを含む Approved Email にはクリックトラッキングはサポートされていません。

  • {{Call2_vod__c.Cobrowse_URL_Participant_vod__c}}
  • {{EM_Attendee_vod__c.Webinar_Participant_URL_vod__c}}
  • {{EM_Event_Speaker_vod__c.Webinar_Panelist_URL_vod__c}}

送信済みメールコンテンツを保存する

送信済みメールレコードは、送信済み Approved Email のコンテンツに相当する最大 262,144 HTML 文字を記録することができます。コンテンツの最初の 131,072 文字は、送信済みメールの Email_Content_vod フィールドに保存されます。131,072 文字以上ある場合、上限までの文字は Email_Content2_vod フィールドに保存されます。

送信済みメールにソース情報をスタンプする

以下の Sent_Email_vod フィールドは、コンテクスト情報で自動的にスタンプし、エンドユーザとコンテンツ管理者にメールが送信され状況について情報提供します。

  • Territory_vod - 送信者のテリトリーを参照します。送信者が複数のテリトリーに属している場合、このフィールドは、ユーザと受領者間で最初の共通テリトリーを参照します。
  • Email_Source_vod – 受領者のメールアドレスのソースだったフィールドを参照します。

    例えば、Ackerman 医師が Approved Email の受領者で、このメールを送信するために使用したメールアドレスのソースが Ackerman 医師のアカウントの PersonEmail フィールドだった場合、結果として送信されたメールの Email_Source_vod フィールドは Account.PersonEmail となります。

  • Email_Config_Values_vod – 該当する場合、同意書情報にスタンプして、テストメールアドレスが使用されたかどうかを示します

送信済みメールのステータス

Sent_Email_vod オブジェクトの Status_vod フィールドは、送信済みメールのステータスを示します:

  • Approved_vod – 送信前の Approved Email のレビュー機能に使用されます。
  • Bounced_vod – メールは受領者のメールサーバに正常に配信されましたが、受領者のメールボックスには配信されませんでした。これは、サーバがメールボックスを見つけられなかった場合に起こることがあります。バウンスしたメールは CRM によって一回再試行されます。
  • Delivered_vod - メールは受領者のメールサーバに正常に配信されました。
  • Dropped_vod - メールは受領者のメールサーバに配信されませんでした。これはメールアドレスがメールエンジンの禁止リストに含まれていることが考えられます。既存のバウンスされたレコードを持つメールアドレスに送信されたメールは、自動的に「ドロップ済み」のステータスとなります。
  • Failed_vod – コンテンツの有効期限切れのため、またはオプトアウトレコードがあるために、CRM はメールを正常に送信しませんでした。失敗の理由は Status_Details_vod フィールドにスタンプされます
  • Group_vod – メールがグループコールから送信されました。関連付けられた施設はメールを受信しませんが、このステータスを使ってトラッキングされます。
  • Marked_Spam_vod – メールは受領者のメールサーバに正常に配信されましたが、サーバがメールを迷惑メールとマークしました。
  • Pending_vod
  • Pending_Approval_vod - 送信前の Approved Email のレビュー機能に使用されます。
  • Rejected_vod - 送信前の Approved Email のレビュー機能に使用されます。
  • Saved_vod - メールは CRM から送信され、サーバからの確認を待っている状態です。
  • Scheduled_vod - メールは CRM から送信されるようスケジュールされています。
  • Sent_vod – メールエンジンは正常にメールを送信したものの、まだ配信確認を受け取っていない状態です
  • Unsubscribed_vod – メールは正常に配信され、受領者はメールのリンク経由で配信停止を依頼しました

メール活動イベントタイプ

Email_Activity_vod の Event_Type_vod 選択リストは、レコードが作成され、活動タイプが示されると、自動的に入力されます:

  • Opened_vod – メールが受領者によって開封されました。Mailgun は、受領者のメールクライアントのメールレンダリングの画像 (通常 1x1 ピクセルの透明画像) に基づいて開封イベントをトラッキングします。受領者がメールを開封すると、画像が送信サーバからダウンロードされ、メールが開封されたことが示されます。

    開封イベントは、メールクライアントごとに動作が異なるため正確ではありません。メールが開封されても、開封イベントをトラッキングできない場合があります。例えば、メールクライアントがプレーンテキストでレンダリングされている場合や、画像を表示できない場合などです。メール開封のトラッキング精度を改善するため、開封イベントが存在していない時にクリックイベントがログされると、Veevaは自動的に開封イベントを作成します。

  • Clicked_vod – メールのリンクが選択されました。
  • Unsubscribed_vod – 受領者は配信停止処理を完了しました。オプトアウト Multichannel_Consent_vod レコードが生成されます。
  • Unsubscribed_All_vod - メールが正常に配信され、受領者がグローバルな Approved Email の配信停止処理を完了しました。オプトアウト Multichannel_Consent_vod レコードを生成し、以前のオプトインをすべて期限切れにします。
  • Bounced_vod – メールの配信に失敗しました。オプトアウト Multichannel_Consent_vod レコードが生成されます。
  • Marked_Spam_vod – メールが受領者によって迷惑メールとマークされました。オプトアウト Multichannel_Consent_vod レコードが生成されます。
  • Dropped_vod – メールの配信に失敗しました。バウンスまたは迷惑メールとしてマークのイベントがある場合に自動的に生成されます。

Approved Email の Vault ドキュメントが閲覧されると、以下の追加イベントタイプが Vault によってトラッキングされます。これらのイベントは、スケジュールされた Vault-CRM インテグレーション中に書き込まれます:

  • Viewed_vod – メールに含まれるドキュメントが Vault PromoMats で閲覧されました。
  • Downloaded_vod – メールに含まれるドキュメントが Vault PromoMats からダウンロードされました。

受領者によるメール内リンクのクリックを追跡しないメールクライアントもあります。この場合、Vault が追跡するイベントタイプには、開封やクリックイベントが含まれません。

また、Email_Activity_vod オブジェクトの Event_Msg_vod フィールドには、適用される SMTP エラーコードを含むイベントに関する情報が含まれます。

メールフラグメントレベルでメール活動をトラッキングする

エンドユーザとコンテンツ管理者は、Approved Email に含まれるフラグメントから活動をトラッキングし、最も頻繁にアクセスされるコンテンツの種類についてさらに深いインサイトを得ることができます。Email_Activity_vod オブジェクトの Approved_Document_vod フィールドは、メール活動に関与するフラグメントを参照します。

Vault リンクの場合、コンテンツの変更は必要ありません。Vault リンク以外の場合、コンテンツ管理者は、{{AppDocId}} トークンをメールテンプレートまたはメールフラグメントの <a> タグに追加して、どの URL をトラッキングする必要があるかを示します。

例: 例 - <a href = "https://www.veeva.com/?{{AppDocId}}"> こちらをクリックしてください</a>。

AppDocId トークンが Vault リンクに追加されると、メールのプレビューまたは編集時に、ユーザはリンクにアクセスすることができません。

関連トピック