カスタム CLM コンテンツのパッケージ化

  • CRM デスクトップ (Mac、Windows)
  • iPad
  • Windows タブレット

メディアを作成したら、Vault にメディアを読み込む前に、コンテンツ作成者がメディアを準備する必要があります。一般的には、この処理にメディアの低解像度バージョンの作成、全ファイルを 1 つのフォルダにまとめること、そしてフォルダを zip ファイルに圧縮することが含まれます。システム内の個々のメディアは、読み込み前に個別の zip ファイルにまとめられます。

各メディアは、中にメディア、サムネイル、およびサポートファイルを含む zip ファイルとして読み込まれます。

Web サイトのコンテンツ作成については、ウェブサイトコンテンツの作成をご覧ください。

Vault にコンテンツパッケージをフォーマットする

Vault は、マルチチャネルのために配布 zip ファイルを自動生成する際に、このパッケージフォーマットを使用します。

<filename>.zip. という名前の zip があります。zip ファイルの内容はコンテンツタイプによって変わります。

  • 画像 zip – image.png および thumb.png という名前のファイルが含まれます
  • html zip – index.html および thumb.png が含まれます

  • pdf zip – pdf.pdf および thumb.png が含まれます

  • ビデオ zip – video.mp4、poster.png および thumb.png が含まれます。
  • Powerpoint zips - <document name>.pptx、poster.png、および thumb.png を含みます

フォルダは非 HTML コンテンツの Zip ファイル内に入れないでください。CLM は <ファイル名> というフォルダを作成し、Zip ファイルの中身を同じ名前のフォルダに展開します。

複数のキーメッセージ全体でアセットを共有するには、共有リソースの使用をご覧ください。

サムネイルおよび全画面画像のパッケージ化

ユーザがメディアのリストを閲覧すると、小さなサムネイル画像が表示されます。これらの小さな画像は、アプリケーションのパフォーマンスを最大限に生かすために、システムに読み込まれる前にも生成されます。

サムネイル画像を選択すると、HTML、PDF、または画像がフルページで開きます。ビデオの場合、ユーザがビデオの再生を開始するまで全画面プレビュー画像が表示されます。

サムネイルをサポートするには、システム内の各メディア (画像ファイルを含む) をサムネイルとパッケージ化する必要があります。ビデオコンテンツには、サムネイルと全画面プレビューの両方の画像を含める必要があります。これらの画像は高圧縮の JPG にして、ダウンロード時間を最短にします。JPG クオリティの圧縮比を 75% にすると、ファイル名が Media1.jpg のメディアのサイズは以下のようになります:

タイプ

名前

iPad 解像度

Windows 解像度

通常サイズ

元のメディア

Media1.jpg

2048 x 1536

1920 x 1080

250 KB

プレビュー画像

Media1-full.jpg

1024 x 768

1600 x 900

70 KB

サムネイル

Media1-thumb.jpg

200 x 150

195 x 110

7 KB

縦横比 4:3 の画像が、両側に黒い棒が表示された状態で画面中央に表示されます。

短時間でプレビュー画像を生成するには、画面キャプチャアプリケーションが便利です。インストールが済むと、コンピュータの画面解像度を 1024 x 768 にして、メディアの全画面を表示し、プレビュー画像をキャプチャすることができます。

短時間でサムネイルを生成するには、画像編集アプリケーションが便利です。