保存時のサンプルトランザクションの作成

  • ブラウザ (Classic)
  • Windows タブレット

サンプル在庫とデリバリをフルフィルメントベンダーとのインテグレーションから管理する場合など、組織はコールレポート保存時のサンプルトランザクションの作成を使用して、優先サンプルデリバリのデータの整合性とコンプライアンスを維持することができます。ユーザがサンプルまたは BRC 選択済みのコールレポートを保存する際、署名またはサンプルカード番号が取得されているかどうかに関わらず、サンプルトランザクションレコードが作成され、サンプル関連フィールドとセクションがロックされます。

例えば、Sarah Jones が Cholecap のサンプルと Narbrax の BRC を Ackerman 医師のコールレポートに追加する際、署名をすぐに要求することはありません。彼女はコールレポートを保存し、サンプルトランザクションレコードを作成します。サンプル情報は、Verteo Biopharma のサンプル管理ベンダーへのインテグレーションからプッシュされたため編集できません。

保存時のサンプルトランザクションの設定

この機能を有効化する前に初期設定を完了させておきます。

保存時にサンプルを有効にする Veeva 設定チェックボックスを選択します。

保存時のサンプルトランザクションの使用

ユーザがサンプルまたは BRC 追加済みのコールレポートを保存する際、以下のサンプル関連フィールドとセクションは参照専用になります。

  • アカウント
  • 住所
  • サンプル
  • BRC/サンプルリクエスト
  • コール日付
  • 署名日 (取得した場合)
  • サンプルカード (入力した場合)
  • サンプル送付カード (入力した場合)

プロモーション品目、数量、受領者は、コールレポートの保存後も編集できます。

関連トピック