KAM のアクションアイテムを使用する

  • iPad
  • ブラウザ (Classic)
  • Windows タブレット

アクションアイテムは、アサインタスクや Salesforce タスクの代替案として、下位レベルでの柔軟なプランニング方法を提供します。お客様のアカウントプラン階層の一部に含め、アカウントプラン共有やアカウントプラン進捗ロールアップの計算で使用することができます。アクションアイテムには、社内のアカウントプランに 2~4 のレベルを含めることができる十分な柔軟性を備えています。

例えば、A Center for Dermatology で会社の目標を達成するため、KAM の 1 人である Mark Mitchell が次のアクションアイテムでプランを立てるとします。

  • クリニックでの治験承認担当者が誰かを理解する
  • MSL の Larry Lakes が、治験に関する情報提供を行う人物に連絡を取る
  • 営業担当者の Sarah Jones が同社の HCP にパンフレットを配布する

コールレポートのアクションアイテムに関する情報は、コールレポートでアクションアイテムを使用するをご覧ください。

KAM のアクションアイテムを設定する

この機能を有効にするには:

  1. オフラインデバイスを使用する場合は、オフラインバリデーション規則が設定され、リフレッシュされていることを確認します。これが必要になるのは、アクションアイテムの作成や編集を行う際に、開始日が期日の前であることを検証する場合です。
  2. エンドユーザに、Action_Item_vod オブジェクトの KAM_vod レコードタイプに対する作成、参照、更新権限とアクセス権限を付与します。
  3. ユーザに Action_Item_vod オブジェクトのすべてのフィールドに対する FLS 編集権限を付与します。
  4. KAM アクションアイテムレイアウトでフィールドを表示または削除します。この手順は任意です。
  5. すべての適切なアカウントプランページレイアウトにアクションアイテム関連リストを表示します。この手順は任意です。
  6. Action_Item_vod オブジェクトに関連付けられた VMOC を有効化します。この機能については、次の 3 つの VMOC WHERE 句を使用します。

    • WHERE ((OwnerId = @@VOD_SF_USER_ID@@) OR (Assignee_vod__c = @@VOD_SF_USER_ID@@))
    • WHERE Account_vod__c IN (SELECT Id FROM Account)
    • WHERE Account_Plan_vod__c IN (Select Id FROM Account_Plan_vod__c)

    これらの VMOC を使うことで、ユーザは自分が所有するまたは自分が割り当てられているアクションアイテム、自分が所有するアカウントに属するアクションアイテム、さらに閲覧権限のあるアカウントプランの一部であるアクションアイテムをそれぞれ取得できます。3 つの VMOC すべてを同時に使用するには、SYNC_CONFIGURATION_MODE_VOD Veeva 設定を 1 に設定します。

  1. Account_Plan_Object_Hierarchy_vod Veeva 設定を更新して、アクションアイテムを使用します。これによって、アカウントプランのアクションアイテムを共有し、MyInsights KAM ダッシュボードでアサインタスクをアクションアイテムで置換できるようになります。アクションアイテムを使用した拡張進捗更新を有効化するには、アカウントプラン階層を使用したアカウントプランの進捗更新をご覧ください。

    この Veeva 設定のデフォルト値は「Plan_Tactic_vod__c.Account_Plan_vod__r、Account_Tactic_vod__c.Plan_Tactic_vod__r、Call_Objective_vod__c.Account_Tactic_vod__r」です。

    アクションアイテムを階層に追加するには、以下の例に従って、この設定に次のオブジェクトを追加します。

    Plan_Tactic_vod__c.Account_Plan_vod__r、Account_Tactic_vod__c.Plan_Tactic_vod__r、Action_Item_vod__c.Account_Tactic_vod__r

    この例では、アサインタスクをアクションアイテムで置き換えます。

    アカウントプラン階層の最下位レベルは、両方の同時使用がサポートされていないと、アクションアイテムかアサインタスクのいずれかになります。モバイルアプリがカスタム設定を処理する方法が異なるため、プロファイルレベルの設定値は org-level 設定と同じである必要があります。

  1. HTML レポートをアクションアイテムを使用するレポートに更新します。この手順は任意です。

    アカウントプランダッシュボード MyInsights ビジュアル表示を有効化して、アサインタスクではなくアクションアイテムを表示します。これは、この 2 つのどちらがアカウントプラン階層の最下位レベルで設定されているかによって異なります (アカウントプランオブジェクト階層 Veeva 設定で定義)。

    標準のテンプレートビジュアル表示をダウンロードして使用するか、独自のカスタム MyInsights ビジュアル表示を更新します。

  1. PowerPoint へのエクスポートテンプレートを更新して、アクションアイテムトークンを含めます。この手順は任意です。

アクションアイテムの作成

KAM はアクションアイテムの関連リストから手動でアクションアイテムを作成します。アクションアイテムの関連リストが設定中にアカウントプランのページレイアウトに表示された場合、関連リストはアカウントプランのタブに表示されます。

新規アクションアイテムを作成するには:

  1. アカウントプランのタブのリストから適切なアカウントプランを選択します。

  2. アクションアイテムの関連リストを選択します。

  3. 新規を選択します。

  4. アクションアイテムに適切な情報を入力します。

  5. 保存または保存および新規を選択して新規アクションアイテムを作成します。

KAM のアクションアイテムを使用する

アクションアイテムには次を含む数多くの用途があります。

  • 特定のユーザに割り当てられていない
  • 特定のアカウントを対象としていない
  • アカウントが決定されたら、特定のアカウントを対象とする
  • 特定のアカウントで実行する特定のユーザに割り当てられている
  • コールの一部として完了していない

アクションアイテムで Status_vod 選択リストが「完了」に設定されると、現在の日付とアイテムを完了とマークしたユーザが自動的にアイテムにスタンプされます。

アカウントプランダッシュボードには、ディープリンクを使用しながら、アクションアイテムの進行状況と、期限間近または期限切れアイテムが表示されます。これによってエンドユーザはダッシュボードからアクションアイテムのレコードをナビゲートできます。