マイスケジュールで外部カレンダーを表示する

  • iPad

スケジュールの重複を避けるため、ユーザは外部 iPad カレンダーのエントリをマイスケジュールで確認できます。外部カレンダーを有効にすると、ユーザは iPad のカレンダーアプリケーションに任意のカレンダーのエントリを表示するよう選択できます。

例えば、Sarah Jones は、iPad のカレンダーアプリケーションのパーソナルカレンダーに個人的な予定を取り込んでいます。マイスケジュールでは、コールやアクティビティに加えて、それらのエントリを表示するためのパーソナルカレンダーを追加しています。次の週のコールを計画するとき、Sarah は火曜日に歯医者の予約があることがすぐにわかるので、予約の時間帯のコールを避けることができます。

外部カレンダーの設定

この機能を有効化する前に初期設定を完了させておきます。

外部カレンダーを設定するには、ENABLE_EXTERNAL_CALENDARS_vod Veeva 設定チェックボックスを選択します。

カレンダーへのアクセスを有効にする

外部カレンダーを初めて有効にすると、ユーザは Veeva CRM が iPad カレンダーにアクセスすることを許可するよう促されます。マイスケジュールで外部カレンダーを有効にするには、ユーザはOKを選択する必要があります。

許可しないを選択した場合でも、後で iPad の設定アプリからカレンダーへのアクセスを有効化できます:

  1. iPad で設定アプリを開きます。
  2. 左側のナビゲーション枠のプライバシータブを選択します。
  3. カレンダーを選択します。
  4. Veeva CRM ボタンを切り替えてオンにします。

外部カレンダーを使用する

マイスケジュールに外部カレンダーイベントを表示する方法:

  1. オプションアイコンを選択します。

  2. 外部カレンダーの行を選択します。
  3. マイスケジュールカレンダーに表示するカレンダーを選択します。

  4. オプションを選択すると、メインメニューに戻ります。
  5. 適用を選択すると、外部カレンダーがマイスケジュールに追加されます。

外部カレンダーのエントリは、マイスケジュールで作成されたコールやアクティビティと区別するために、色付きのアウトラインで表示されます。

エントリの詳細を表示するには、エントリを選択します。外部カレンダーでエントリを開くには、エントリの詳細を表示するポップオーバーから表示ボタンを選択します。