分岐調査質問の使用

  • iPad
  • iPhone
  • ブラウザ (Classic)

分岐調査の質問は、以前の回答の選択肢に基づいた質問を使用して、条件付き経路を手引きします。これらの調査により、調査管理者は非一般的な一連の質問をする一方、カスタマイズされた一連の質問からのみで、利用できる貴重なマーケットデータとセグメンテーションデータを収集できます。ユーザが親質問に回答すると、親質問に対する回答に基づいて子質問が表示されます。子質問は、より具体的な情報を収集するのに役立ちます。

分岐調査は、調査管理者が作成し、エンドユーザと、従業員向けの高度なコーチングレポートを記入するコーチが完了します。

例えば、調査管理者の Colleen Smith が率いるブランドチームが Sarah Jones のお客様の何人がインスリン非依存型糖尿病 (NIDDM) 向けに Cholecap の処方を希望しているかを判断する必要があり、現在 NIDDM をスクリーニングする医師からの回答のみを集めたいという場合、Colleen は、親質問とその回答に基づく子質問を作成します。子質問は、NIDDM を持つ親の数を決定するために表示されます。

分岐サーベイには一対多の親質問と子質問を含めることができます。子質問には番号が付いていませんが、調査質問制限には含まれます。子質問については 1 レベルのみサポートされています。ある質問を子と親の両方に設定することはできません。

親質問のタイプは、選択リストまたはラジオボタンのいずれかになります。調査管理者が親質問を削除する、親質問に関する回答の選択肢を削除する、または選択リスト、ラジオボタン以外のタイプに親質問を変更すると、関連付けられた子質問も削除されます。

子質問が必須とマークされている場合、ユーザが調査を送信する際に質問が表示される場合にのみバリデーションが強制されます。

以下のレコードタイプがサポートされます: One_Time_vod、Recurring_vod, Coaching_Report_vod、および User_Survey_vod。

CRM チャネルがサポートされています。

分岐調査は、iPad プラットフォームの推奨アクションでのみサポートサポートされており、Approved Email の調査ではサポートされていません。

管理者は分岐質問のある調査ターゲットアカウントが Windows タブレットで表示されないようにする必要があります。Windows タブレットでは、子質問が表示され、本線質問のように動作し、間違ったデータが収集される可能性があります。

分岐調査の使用

分岐調査には次の 4 つの領域があります。

以下の例には、本線質問と親質問が 1 つずつ含まれています。親質問には 2 つの分岐と 4 つの子質問があります。ユーザが最初に調査を読み込むと、メインラインの質問がすべて表示されます。親質問に関連する回答が選択されると、子質問が表示されます。

エンドユーザが親質問で該当する回答を選択すると、子質問が表示されます。

子質問は親質問の下にインデントされ、質問番号は表示されません。親質問と本線質問にのみ番号が付きます。

子質問に必須のマークが付いていると、サーベイの送信時にエンドユーザに質問が表示されている場合のみ、質問が回答されたことを確かめるバリデーションが実施されます。

調査対象アカウントの保存時または送信時にエンドユーザに表示されない子質問については、回答が空白になります。

サーベイ結果

サーベイ管理ページに分岐サーベイの結果を表示する場合は、送信時にエンドユーザに表示された質問のみが計算の対象となります。

調査の分岐およびコピー

調査のコピー時には、分岐論理が保持されます。

調査の分岐および翻訳

調査の翻訳時には、分岐ロジックが保持されます。「よく使う質問」にも質問を追加すると、よく使う質問で分岐ロジックは保持されません。