イベントのメタデータを Vault と同期

  • ブラウザ (Classic、Lightning)

イベント管理者がCRM Vault メタデータ同期プロセスを設定し、CRM と Vault 間でイベント設定とイベントトピック情報を同期することで、管理者が複数のシステムのレコードを更新しないようにすることができます。同期の間、CRM で新規作成されたレコードが Vault で新規レコードとして自動的に作成されます。また CRM で削除または無効化されたレコードは Vault で自動的に無効化されます。

例えば、管理者が CRM Vault メタデータ同期を設定し、指定された EM_Event_Configuration_vod レコードを Vault と同期するとします。次に同期する際、CRM_EM_Event_Configuration__v レコードが Vault で新規作成され、CRM のイベント設定レコードの情報に基づいてそのデータが自動補完されます。

設定

この機能を有効化する前に初期設定を完了させておきます。

この機能を設定するには:

  1. CRM のインテグレーションユーザに以下の権限を付与します:

    オブジェクト

    OLS

    レコードタイプ

    フィールド

    FLS

    EM_Event_Configuration_vod

    CRUD

    Event_Configuration_vod

    • End_Date_vod
    • Event_Type_vod
    • ID
    • Start_Date_vod
    • VExternal_Id_vod

    参照

    EM_Catalog_vod

    CRUD

    Event_Topic_vod

    • ID
    • Name__vod
    • Product_vod
    • Status_vod
    • VExternal_Id_vod
    • カスタムマッピングしたフィールド

    読取り

  2. Vault のインテグレーションユーザに以下の権限を付与します:

    オブジェクト

    フィールド

    FLS

    CRM_Org__v

    • crm__org_id__v
    • name__v

    編集

    CRM_EM_Event_Configuration__v

    • crm_org__v
    • crm_id__v
    • external_id__v
    • name__v
    • status__v

    編集

    CRM_EM_Event_Topic__v

    • crm_org__v
    • crm_id__v
    • external_id__v
    • name__v
    • status__v

    編集

  3. 管理者とインテグレーションユーザがCRM Vault メタデータ同期タブにアクセスできるようにしてください。
  4. すべてのアクティブな EM_Event_Configuration_vod と EM_Catalog_vod レコードの VExternal_Id_vod フィールドが自動補完されていることを確認してください。
  5. イベント設定、イベントトピック、またはその両方を同期するよう、CRM Vault メタデータ同期タブで設定を行います。