支払条件ルール

  • ブラウザ (Classic)
  • iPad

支払い条件とは、製品の支払いがいつ実施されるのかを決定するために使用される値です。通常、支払い条件は担当者と薬局との間で交渉されます。

支払い条件は価格設定ルールタイプとして使用可能で、特定のアカウント、アカウントグループ、および/またはキャンペーンに対して適用できます。これらは複数のレベルで定義されます:

  • 注文品目レベル (SKU)
  • ブランドレベル
  • 製品グループレベル
  • 注文レベル

支払い条件ルールは、他のすべてのルールが実行され、かつ割引が適用された後に注文に適用されます。

支払いルールの重複は、たとえそれらのルールが異なる比較タイプを持つ場合でもサポートされません。これは、日付および数量の重複にも当てはまります。

支払い条件値オーバーライド

支払い条件値は、品目レベルとヘッダーレベルにおいて 3 通りの方法で設定されます:

  • 担当者が手動で値を入力できるようにする
  • 価格設定ルールレベルで許容値の固定リストを定義
  • 「Payment_Values_vod」Veeva 設定によって制御される許容値のリストを定義

 

支払い条件値オーバーライドの設定

Pricing_Rule_vod オブジェクトの Payment_Terms_Rule_vod レコードタイプをユーザプロファイルに有効化します。

前提条件

この機能を有効化する前に初期設定を完了させておきます。

支払いルールを有効化するには:

  1. ユーザに、Pricing_Rule_vod オブジェクトの Payment_Max_vod__cフィールドに対する FLS 編集権限を付与します。
  2. ユーザに Order_vod オブジェクトの Payment_vod__c フィールドに対する FLS 編集権限を付与します。
  1. 2 つのフィールドが、支払い条件ルールページレイアウトに表示されることを確認してください。
  2. ページレイアウトが適切な価格設定ルールレコードタイプに割り当てられるようにしてください。(Payment_Terms_Rule_vod)。
  3. 支払い条件価格設定ルールを作成します。
  4. 価格設定ルールタブで新規を選択します。
  5. ルール選択リスト入力 Payment_Term_Rule_vod を選択します。
  6. 支払い条件値を入力します (価格設定ルールエンジンによってルール値として使用されるテキスト値です)。
  7. 支払い最大 (条件) 値をセミコロンで区切って入力します。これらの値は任意です。値は、ユーザがオーバーライドする許容値のリストを表し、注文内のドロップダウンリストとして表示されます。

注文で支払い条件を選択できるようにするために価格設定ルールを定義する必要はありません。Payment_Values_vod Veeva 設定では、確定された値のリストを入力できます (テキスト値はセミコロンで区切ります。これらの値は支払い条件の指標であり、価格設定ルールでより具体的な支払い条件で上書きすることができます。

  1. 保存を選択します。

ルールの重複を防ぐためにチェックが設定されます。支払い条件ルールを除き、すべての価格設定ルールタイプで比較タイプが検証キーに含まれます。

例えば、ある薬局が Cholecap 10mg – W13 Special を 50~99 個注文する場合、支払い条件 30 が適用されます。

注文に対し支払い条件を有効にする

Order_vod オブジェクトに対し支払い条件を有効にするには:

  1. ユーザに、Order_vod オブジェクトの Payment_Rule_vod フィールドに対する FLS 参照権限を付与します。
  2. ユーザに、Pricing_rule_vod オブジェクトの Payment_Max_vod フィールドに対する FLS 参照権限を付与します。
  3. フィールドを適切な注文ページレイアウトに配置します。
  4. 保存を選択します。

Order_Line_vod オブジェクトに対し支払い条件を有効にするには:

  1. 以下のフィールドの表示権限を付与します:
  • Payment_vod
  • Payment_Rule_vod
  • Payment_Group_Rule_vod
  • Payment_Group_vod
  • Payment_Brand_Rule_vod
  • Payment_Brand_vod
  • Total_Payment_Rule_vod
  • Total_Payment_vod
  1. 該当する注文品目ページレイアウトにフィールドを表示します。
  2. 保存をクリックします。
  3. Veeva キャッシュをクリアします。

複数の支払い条件ルールの管理

支払い条件は注文合計 (注文ヘッダー) レベルで定義できるため、階層 (品目、ブランド、製品グループ、ヘッダー) に基づいて支払条項の値を決定するために 2 つの特徴ある機能を設定することができます。同じ品目に同時に複数の支払いルールがトリガーされる場合、優先する値を決定するために階層が事前に定義されます。この階層は、Veeva 設定「Payment_Priority_BottomToTop_vod」で決定されます。

階層条件

Payment_Priority_BottomToTop_vod Veeva 設定が有効である場合、支払い条件ルールは以下の階層に従います:

  1. 品目支払い条件
  2. ブランド支払い条件
  3. 製品グループ支払い条件
  4. ヘッダー支払い条件

Payment_Priority_BottomToTop_vod Veeva 設定が無効である場合、支払い条件ルールは以下の階層に従います:

  1. 注文合計支払い条件ルール
  2. 製品グループ値
  3. ブランド支払い条件
  4. 品目支払い条件

デフォルトでは、Payment_Priority_BottomToTop_vod Veeva 設定が無効となっています。

空白のフィールドは無視されます。例えば、2 つの支払い条件 (1 つは品目レベル、もう 1 つは製品グループレベル) が定義されているものの、ブランド支払い条件に値がない場合は、ブランド支払い条件は無視されます。

支払い条件ルールが競合する複数のグループに製品が属している場合、システムは両方の支払い条件ルールを無視します。