サンプルトランザクション

このトピックの内容:

Veeva CRM アプリケーション内のサンプルトランザクションオブジェクトは、実行された様々なタイプのすべてのサンプルトランザクションの唯一の格納場所です: これらのサンプルトランザクションタイプは、レコードタイプによって制御され、以下が含まれます:

  • 調整
  • 返却
  • 提供
  • 転送
  • 受領

PDMA および 21 CFR 要件に準拠するために、サンプルトランザクション内のレコードに対するユーザのアクセスおよび変更、および削除権限はセキュリティモデルの様々な面から制御されます。サンプルトランザクションレコードが削除および編集されないようにするために、Apex トリガーがサンプルトランザクションオブジェクトに用意されており、サンプルトランザクションレコードのステータスフィールドが送信済みになっている場合にこれらのレコードが削除されないように制限します。

サンプルトランザクションを変更または削除する必要がある場合、サンプルトランザクションオブジェクトのロック解除チェックボックスフィールドに対するアクセス権限を持つ管理ユーザが送信済みサンプルトランザクションの [ロック解除] ボタンにアクセスします。[ロック解除] ボタンは、サンプルトランザクションが変更および削除できるようになった時点で、サンプルトランザクションレコードのステータスを「保存済み」に設定します。サンプルトランザクションに対するすべての編集および削除は Apex トリガーによってサンプルトランザクション監査オブジェクトに記録され、このオブジェクトでサンプルトランザクションレコードの変更および削除履歴を参照専用で確認することができます。Apex トリガーはサンプルトランザクションレコードの完全コピーを作成して、変更または削除を行ったユーザおよび変更が行われた日時を示します。

ユーザが様々なタイプのサンプルトランザクションを作成できるかどうかは、サンプルの調整、返却および転送トランザクションのサンプルトランザクション内のレコードタイプに対するユーザプロファイルのアクセス権限を管理することによって制御できます。これらのサンプルトランザクションレコードタイプは、サンプル在庫タブの [新規] ボタンおよび [新規調整]、[新規返却] および [新規転送] ボタンおよびサンプル管理モジュールのリンクを介してのみ作成できます。これらのいずれかのボタンまたはリンクをクリックしたユーザが対応するレコードタイプに対するアクセス権限を持たない場合、ユーザにアクションを実行する権限がないことを示す画面が表示されます。デフォルトでは、提供および受領レコードタイプはシステム内の他のイベントに基づいて作成され、新規サンプルトランザクションレコードの作成時にオプションとして許可されないため、これらのレコードタイプはユーザのプロファイルに提供されません。

サンプルトランザクションのグループ化

複数品目サンプルトランザクション機能は、複数のサンプルおよびロットを 1 つのサンプルトランザクションに追加する方法をユーザに提供します。

複数品目サンプルトランザクションを設定するには、以下のフィールドをサンプルトランザクションオブジェクトに追加する必要があります。

  • Group_Transaction_Id_vod
  • Zvod_Sample_Lines_vod

Zvod_Sample_Lines_vod フィールドだけは、ページレイアウトに追加する必要があります。

zvod_Sample_Lines_vod フィールドを使うと、複数のサンプルロット明細品目を 1 つのトランザクションとして入力することができます。サンプルトランザクションのサンプル情報セクションにおけるその他のフィールドの設定はサポートされていません。

以下のフィールドは、サンプルトランザクション監査オブジェクトにも追加する必要があります。

  • Group_Transaction_Id_vod

Group_Transaction_Id_vod フィールドは、複数品目サンプルトランザクションが有効になっている場合に入力されます (サンプルトランザクションに含まれる品目が単品目か複数品目かは問いません)。このフィールドは、サンプルトランザクションをグループ化します。Group_Transaction_Id_vod フィールドが入力されているサンプルトランザクションのロックが解除されると、そのグループに関連するすべてのサンプルトランザクションのロックが解除されます。

サンプル転送トランザクションの送信時に Shipment_Id_vod フィールドがユーザによって入力されていない場合、フィールドには Group_Transaction_Id_vod が入ります。

サンプル領収書レコードの送信時に、Shipment_Id_vod フィールドは Group_Transaction_Id_vod フィールドに渡される必要があります。サンプル領収書レコードがデータローダを介してロードされたときに Shipment_Id_vod フィールドが入力されている場合、同じ配送 ID を持つ受領がまとめてグループ化されます。

コール名は、送信時にサンプル提供の Group_Transaction_Id_vod フィールドにコピーする必要があります。

上にリストされているフィールドが対応するオブジェクトに追加され、サンプルトランザクションレイアウトに Zvod_Sample_Lines_vod フィールドが追加されると、下のスクリーンショットで示すようにユーザがサンプルトランザクションに複数品目を追加することができるようになります。

ユーザは、明細品目の追加リンクを使用してサンプルを追加したり、削除リンクを使用して品目を削除したりすることができます。明細品目の追加リンクも削除リンクも、表示されるのは編集ビューのみです。サンプルトランザクション当たりの品目数の制限は 10 品目です。

サンプルトランザクションの返却

サンプル返却トランザクションでは、配送中に特定のサンプルロットの期限が切れた場合や、サンプルロットが破損した場合に、サンプルの返却に対応するトランザクションをユーザが作成できるようになります。

サンプル返却トランザクションでは、返却先の受領者が定義されている必要があります。デフォルトで返却先選択リストに入っているのは、HQ の 1 つの値です。返却先選択リストはシステム管理者が入力し、配送センターおよび/または組織のサンプルを管理する第三者企業などのサンプルロットが返却される可能性があるすべてのロケーションを示します。

サンプルの返却は、担当者が選択した宛先に基づいて返却先住所が自動入力されます。例えば、HQ を宛先住所として選択すると、通り、市町村および郵便番号フィールドが入力され、正しい住所にサンプルが返却される可能性が高くなります。返却先住所は、担当者名簿に保存され、そこで変更することができます。アドレスを入力するために、選択リスト値は、ユーザ名外部 ID フィールドに一致する必要があります。

サンプル在庫と同様に、ユーザは調整対象フィールドを使用して別のユーザの代理として返却を作成できます。調整対象フィールドからユーザを選択すると、サンプル返却トランザクションのサンプルおよびロット番号選択リストがクリアされ、新しく選択されたユーザに基づいて値が再入力されます。ユーザが作成できるのは、自身のサンプルロットデータに対するアクセス権限を持つユーザのサンプル返却トランザクションのみです。データアクセスは、ロール階層およびデータ共有ルールによって制御できます。デフォルトでは、地域マネージャがレポートを行うすべての営業担当者に対するアクセス権限を持ち、サンプル返却トランザクションを適宜実行できます。他のユーザのサンプルロットに対するアクセス権限を持たないユーザのサンプル返却トランザクションを別のユーザが作成しようとした場合、サンプルおよびロット番号フィールドには値が入力されません。サンプルおよびロット番号フィールドは返却の必須フィールドであるため、この場合にサンプル返却トランザクションは送信できません。

サンプル返却トランザクションの有効日は、調整日フィールドを使用してユーザが過去にさかのぼって設定することができます。有効でないサンプルロット返却のバックデートを可能にするには、サンプル返却トランザクションのサンプルおよびロットのリストにサンプルロットの有効フラグに基づいたフィルタリングを行わないでください。

サンプル返却トランザクションの重要管理コンポーネントには以下のようなものがあります。

  • 返却先選択リストフィールドに含まれる値の管理
  • 調節対象機能を決定づけるロール階層およびデータ共有ルールの作成

サンプルトランザクションの調整

サンプル調整トランザクションでは、ユーザのニーズに対応するトランザクションを作成できる権限を持つユーザがサンプルロットの算出数量を調整できます。

サンプル調整は、サンプルロットが紛失または盗難にあった場合に記録できます。サンプル調整トランザクションの有効な理由のリストは、サンプルトランザクションの理由フィールドの選択リストの値を変更することで制御できます。

デフォルトでは、サンプル調整トランザクションの数量フィールドで可能な値は正数、負数、ゼロです。数量フィールドに入力された値は、サンプル調整トランザクションによってサンプルロットの算出数量にそのまま設定されます。

組織は、ユーザが数量フィールドに 1 未満の値を入力できないようにバリデーションルールで制限を定義することによって、サンプル調整トランザクションの数量フィールドや関連する在庫影響の扱いを変更することができます (サンプル転送トランザクションのバリデーションルールを参照)。さらに、在庫影響フィールドを定義する数式をユーザが選択した理由および入力された数量に合わせて変更できます。

サンプル在庫と同様に、ユーザは調整対象フィールドを使用して別のユーザの代理として調整を作成できます。調整対象フィールドからユーザを選択すると、サンプル調整トランザクションのサンプルおよびロット番号選択リストがクリアされ、新しく選択されたユーザに基づいて値が再入力されます。ユーザが作成できるのは、自身のサンプルロットデータに対するアクセス権限を持つユーザのサンプル調整トランザクションのみです。データアクセスは、ロール階層およびデータ共有ルールによって制御できます。

デフォルトでは、地域マネージャがレポートを行うすべての営業担当者に対するアクセス権限を持ち、サンプル調整トランザクションを適宜実行できます。他のユーザのサンプルロットに対するアクセス権限を持たないユーザのサンプル調整トランザクションを別のユーザが作成しようとした場合、サンプルおよびロット番号フィールドには値が入力されません。サンプルおよびロット番号フィールドは調整の必須フィールドであるため、この場合にサンプル調整トランザクションは送信できません。

サンプル調整トランザクションの有効日は、調整日フィールドを使用してユーザが過去にさかのぼって設定することができます。有効でないサンプルロット調整のバックデートを可能にするには、サンプル調整トランザクションのサンプルおよびロットのリストにサンプルロットの有効フラグに基づいたフィルタリングを行わないでください。

サンプル調整トランザクションの重要管理コンポーネントには以下のようなものがあります。

  • 理由選択リストフィールドに含まれる値の管理
  • 調整のバリデーションルールの定義 (必要な場合)
  • 変更よりも優先されるアカウントの在庫影響数式の定義
  • 調節対象機能を決定づけるロール階層およびデータ共有ルールの作成

サンプルトランザクションの提供

サンプル提供トランザクションでは、コールレポートの一部としてサンプルの減少に関連するすべてのサンプル情報が記録されます。減少した各サンプルは、サンプル提供トランザクションによって表されます。

サンプル提供トランザクションは、サンプルが選択されているコールレポートの保存時に作成されます。サンプル提供トランザクションレコードは、コールオブジェクトに存在する Apex トリガーによって生成されます。トリガーのロジックは、コールが送信されたときにコールに既存のサンプル提供トランザクションが存在しない場合にのみ、サンプル提供トランザクションを作成します。このチェックは、管理者がコールレポートのロックを解除してコールを再送信した場合に、サンプル提供トランザクションが重複して作成されないようにするために行われます。

サンプル提供トランザクションのレコードタイプは、デフォルトで主たる営業担当者プロファイルに無効になっています。提供レコードタイプに対するアクセス権限はユーザに付与しないでください。付与すると、ユーザがコールに基づかないサンプル提供トランザクションを作成できるようになります。

サンプル提供トランザクションは、紙ベースのサンプリングでも電子署名サンプリングでも Veeva CRM アプリケーションから作成されます。紙と電子署名の両方でサンプル提供トランザクションをサポートすると、組織は在庫、転送、返却、調整などの Veeva CRM サンプル管理モジュールのあらゆる処理で利用することができます。

各ソリューションでサポートされるサンプリングのタイプについては、Veeva CRM コールレポートのサンプリングおよび Veeva CRM Mobile コールレポートのサンプリングセクションをご覧ください。

サンプルトランザクションの受領

サンプル領収書トランザクションは、サンプル転送トランザクション、または第三者またはバックオフィスインテグレーションの一環として作成されたサンプル領収書レコードのいずれかのサンプルロットのユーザの受領を表します。

サンプル領収書トランザクションは、サンプル領収書レコードの確認で作成されます。サンプル領収書トランザクションには、作成したサンプル転送トランザクションに対応する参照トランザクション ID が入力されます。サンプル領収書トランザクションが第三者またはバックオフィスインテグレーションに基づくサンプル領収書レコードの確認によって作成された場合、サンプル領収書トランザクションの参照トランザクション ID フィールドは入力されません。

サンプル領収書レコードの確認では、以下のアクションが実行されます。

  • ユーザにサンプル領収書トランザクションが作成されます
  • 関連するサンプル転送トランザクションの以下のフィールドが更新されます。
  • 受領済みチェックボックス
  • 受領コメント
  • 参照トランザクション ID (サンプル領収書トランザクション ID)
  • 確認済み数量

サンプル領収書レコードの数量フィールドにユーザのデフォルト値を設定するか、または明細品目ごとに受け取った数量をユーザが入力する必要があるかを決定します。サンプル領収書確認のデフォルト動作は、確認済み数量の値をデフォルトに設定することです。この機能は、DISABLE_SAMPLE_RECEIPT_DEFAULT Veeva 設定によって設定できます。さらに、管理者はサンプル領収書のグループ化を有効にして、配送に関連付けられているすべての品目をユーザが一度に確認できるようにすることができます。詳細はサンプル領収書のグループ化を参照してください。

組織はサンプル領収書オブジェクトを利用して、第三者またはバックオフィスシステムからユーザのサンプルトランザクションのデータをロードすることができます。サンプル領収書データをロードする処理には、以下の 2 つの手順が含まれます。

  1. ユーザがサンプル領収書を作成するサンプルロットの作成/更新
  2. サンプル領収書レコードの挿入

ユーザへのサンプルの配送および確認を自動的に行うための第三者、配布またはバックオフィスアプリケーションへのインテグレーションが必要な場合に、サンプル領収書オブジェクトを使用する必要があります。以下の 2 つの手順は、ユーザにサンプル領収書レコードを作成するためのインテグレーションの一環として必要です。

  • ユーザがサンプルを受け取るサンプルロットレコードの作成/更新
  • ユーザのサンプルロットに対応するサンプル領収書レコードを挿入します

ユーザは、サンプル領収書の確認とサンプル領収書の送信に、Sample_Receipt_vod オブジェクトに作成/更新/参照権限が必要です。

サンプルトランザクションの転送

サンプル転送トランザクションでは、ユーザのニーズに対応するトランザクションを作成できる権限を持つユーザが別のユーザに対してサンプルロットの数量を転送できます。

サンプル転送トランザクションの転送先フィールドは、転送されたサンプルロットの受領者であるユーザを示します。転送先フィールドからユーザを選択すると、一致するユーザが担当者名簿オブジェクトにクエリされます。担当者名のオブジェクトに対するクエリは、ユーザ名外部 ID フィールドに基づいて行われます。ユーザ名外部 ID フィールドは、ユーザオブジェクトで対応するユーザレコードの名前フィールドと完全に一致する必要があります。一致するユーザが特定されると、担当者名簿レコードの住所フィールドがサンプル転送トランザクションの住所フィールドにコピーされます。担当者名簿オブジェクトは、すべての有効なユーザレコードに担当者名簿が存在するように維持管理する必要があります。

Apex トリガーがサンプル転送トランザクションの送信時にサンプルトランザクションオブジェクトに用意されており、以下のアクションが実行されます。

  • 転送されるサンプルロットが転送の転送先ユーザに作成/更新されます
  • 転送先ユーザにサンプル領収書レコードが作成されます
  • サンプル転送トランザクションの参照は、転送先ユーザの確認済み数量、受領コメントおよび受領済みチェックボックスを更新するために、参照トランザクション ID で維持管理されます。

サンプル転送トランザクションの不一致は、サンプルトランザクションレコードの数量と確認済み数量フィールドの差に基づきます。不一致数式は、転送先ユーザがサンプル領収書レコードを確認してサンプル転送トランザクションの受領済みチェックボックスが更新されるまで計算されません。

サンプル在庫と同様に、ユーザは転送先フィールドを使用して別のユーザの代理として転送を作成できます。転送先フィールドからユーザを選択すると、サンプル転送トランザクションのサンプルおよびロット番号選択リストがクリアされ、新しく選択されたユーザに基づいて値が再入力されます。ユーザが作成できるのは、自身のサンプルロットデータに対するアクセス権限を持つユーザのサンプル転送トランザクションのみです。データアクセスは、ロール階層およびデータ共有ルールによって制御できます。デフォルトでは、地域マネージャがレポートを行うすべての営業担当者に対するアクセス権限を持ち、サンプル転送トランザクションを適宜実行できます。他のユーザのサンプルロットに対するアクセス権限を持たないユーザのサンプ転送トランザクションを別のユーザが作成しようとした場合、サンプルおよびロット番号フィールドには値が入力されません。サンプルおよびロット番号フィールドは転送の必須フィールドであるため、この場合にサンプル転送トランザクションは送信できません。

サンプル転送トランザクションに表示されるサンプルロットは、現在有効なサンプルロットのみです。

サンプル転送トランザクションの重要管理コンポーネントには以下のようなものがあります。

  • 不一致は、サンプル領収書の確認によって受領済みチェックボックスが更新された場合にのみ計算されます。
  • 転送機能を決定づけるロール階層およびデータ共有ルールの作成