FTP を介したセールスファイルの転送

セールスファイルを転送する際の重要な考慮事項:

  • 固定レポートでは 2 種類のファイル形式がサポートされます:
  • カンマ区切り値 (CSV)
  • GZIP (圧縮ファイルの場合)
  • 分析管理ページでファイルを処理するユーザは、Veeva サーバにファイルを FTP で転送するユーザと同じ Salesforce.com 組織のユーザである必要があります

「分析フォルダ」にファイルを配置します。それらは、手動で処理される分析管理ページの処理待ちファイルセクションに表示されます。

固定レポートの有効化の一部として、管理者は FTP 転送によってセールスファイルを Veeva サーバに送ることができます。

FTP サーバ名が不明な場合は、サポートにご連絡ください。分析管理者が FTP をサポートする FTP クライアントを使用して接続し、Salesforce 認証情報で認証を行います。管理者の初回ログイン時に固定レポートのディレクトリ構造が作成されます。分析ディレクトリは固定レポートデータのトップレベルディレクトリで、通常は管理者の現在の作業ディレクトリになります。